「テレコムアドバイザー」のロゴ

["\n 全日本電気通信サービス取引協会は、「第26回テレコムアドバイザー検定」を7月15日に実施する。インターネット上で受験するオンライン形式で、受験料は税別4000円。第27回は2017年11月12日、第28回は18年3月17日に実施する。

\n 「テレコムアドバイザー検定」は、10年に開始した電気通信サービスに精通する人材育成を目的とした検定。試験勉強を通じてインターネットサービスの高度化、モバイル通信サービスの拡大、スマートデバイスの普及、料金サービスの複雑化といった電気通信サービスの現状を正確にとらえ、利用者に合ったサービスをアドバイスする力を身につけることができる。

\n 16年6月に実施した第23回から公式テキストを改訂し、試験内容を見直した。第26回の受験申し込みは7月7日12時まで、公式サイトで受け付ける。受験者は、電気通信事業者の営業担当、家電量販店や電気通信サービス販売代理店の販売担当、電気通信業界を目指す学生が多い。

\n 試験時間は60分で、問題は選択式50問。電気通信サービスに関する商品知識や関連する通信回線・機器の知識、PCやスマートデバイスの基礎知識、電気通信サービス販売業務の関連法規・守秘義務、コンプライアンス遵守の基本的な考え方・対応事例など、幅広い分野から出題する。

\n 合格者は、認定申請を行うと、「テレコムアドバイザー認定証」を得られる。認定料は税別2100円。有効期限は1年で、有効期限前後に実施される試験に合格すると、新たに1年間、資格が有効になる。

"]

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます