コンゴで釣り上げたムベンガは、現地人によってトマト煮込みに

去る2017年4月20日、LOFT9 Shibuyaにて、自然写真家・山形豪さんと怪魚ハンター・小塚拓矢さんのトークイベント「冒険を“仕事”にしよう!」が開催された。

冒険をライフワークとし、文字どおり“冒険でメシを食ってきた”山形さんと小塚さん。イベントでは、彼らがこれまでに食した「変わり肉」のエピソードがたっぷりと語られた。

怪魚ハンター・小塚拓矢さん(左)、写真家・山形豪さん(右)

ライオンやキリン、カバといった動物園の人気モノから、体長1メートルにも達する超巨大魚まで、お二人に共通するのは「日本ではまず食べることのできない動物の肉を口にしてきた」ということ。

しかし、写真家である山形さんの活動場所は、アフリカのサバンナ。ゆえに撮影場所は野生動物のみが生息する未開の地であることが多い。そんな場所には当然レストランなどあるはずもなく……肉にありつけない日は、一体何を食べているのだろうか?

山形さん:野生動物の撮影チャンスは突然やってくるので、食事はいかに時間と手間をかけずに食べられるかを重視します。なのでオートミールなどのシリアルや、クスクスという小さなパスタをお茶漬けの素と合わせた“クスクス茶漬け”なんかをよく食べますね。

ライオン肉にキリン肉、果てはカバ肉も!?

アフリカの一部のレストランやサファリロッジでは、野生動物の肉を提供しており、日本では手に入らないような珍しい肉を食べることもできる。山形さんも今まで様々な肉を食べてきたというが、ボツワナでは現地ガイドが入手したライオンの肉を食べる機会があったそうだ。はたしてライオンの味は一体……?

山形さんが現地で食べたライオンの干し肉 ©Go YAMAGATA

山形さん:ライオンは今まで食べた肉の中で一番まずかったですね。味はとにかく生臭くて、筋っぽかったです……。まぁライオンは筋肉質なので仕方ないとは思いますが。他にもキリンやカバを食べたことがありますが、どちらも独特の臭みとパサパサした食感で、美味しくはなかったですね……。

基本的に大型動物になる程、肉は大味になる印象ですが、バッファローなどのウシ科の動物は、干し肉にすると味に明確な差が出るので興味深いですよ。肉で一番おいしかったのはイボイノシシですね。

キリンの肉はパサパサした食感で独特の臭みがあるようだ ©Go YAMAGATA

 

アフリカで食べた変わり肉の中では最も口にあったというイボイノシシ。アフリカにはたくさん生息している ©Go YAMAGATA
「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます