『カーズ/クロスロード』

ディズニー・ピクサーの長編アニメーション映画をすべて観ている私ですが、『トイ・ストーリー3』は別格として、『カーズ/クロスロード』は、その次くらいに好きな作品になるかもしれません。

まず誰よりも、親世代である私たちにとって、珠玉のメッセージが込められた、質の高いエンターテイメントであり、そして子どもと一緒に観に行きたくなる、心を打つ物語でもあります。

衝撃。大クラッシュしたマックイーンのその後

『カーズ/クロスロード』

『カーズ/クロスロード』は、『カーズ』シリーズの第3作目となる映画です。

『カーズ2』は、『カーズ(1作目)』で描かれた本筋から離れ、ややスピンオフのような物語になった感がありますが、『カーズ/クロスロード』は、正統な続編と言える内容。

まず、映画そのものが、文句なしにいいのです。導入からグイグイ引き込まれ、世界観に夢中になっているうちに、驚きと感動のラストシーンへと到達します。

「これぞピクサー!」と叫びたくなる、お手本のようなストーリーテリングが、久々に帰ってきました。

満ち足りたレース生活のマックイーンに暗雲

物語は、ライトニング・マックイーンが、ベテランのチャンピオンとして、サーキットで戦友たちとしのぎを削るシーンからスタートします。

認め合うライバルたちとのレースに、マックイーンは、満ち足りているように見えます。暗雲が立ちこめたのは、新世代のマシーンたちの登場でした。

彼らは新人にもかかわらず、データから導き出された最高の装備とスペック、そして戦略を駆使して、マックイーンたち旧世代のマシーンを寄せ付けません。

ライトニング・マックイーン|『カーズ/クロスロード』新車発表会見
ジャクソン・ストーム|『カーズ/クロスロード』新車発表会見

そんな新世代の代表格が、ジャクソン・ストームです。

なんとかストームに勝とうとする、マックイーンですが、性能の差を見せつけられ、挙げ句に大クラッシュ。

『カーズ/クロスロード』

ポスターや予告編など、さまざまにヴィジュアルが出回っているので、すでに目にした方も多いかと思いますが、マックイーンは、アニメーションだと分かっていても目を覆いたくなる、衝撃の大けがを負います。

親友のメーターや、恋人のサリーが待つ、ラジエーター・スプリングスに帰郷する、マックイーン。

修理を終え、どうやらレースには支障が無い様子ですが、もちろん失意のドン底。復帰しても、現状のままでは、ストームに勝てる見込みはありません。

さて、どうするのか。

ここからが、『カーズ/クロスロード』の物語の、核心となっていきます。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます