©2017 荒川弘/SQUARE ENIX ©2017 映画「鋼の錬金術師」製作委員会

漫画家・荒川弘が手がける人気マンガを映像化する実写映画『鋼の錬金術師』の新しい予告映像が公開。これまで未発表だったウィンリィ・ロックベルやロイ・マスタングなど、エドとアル以外のキャラクターたちのビジュアルも解禁されました。

エドとアルの幼馴染み・ウィンリィを演じるのは女優・本田翼、“焔の錬金術師”ロイ・マスタング大佐を演じるのはディーン・フジオカ、優しさと厳しさを兼ね備えた軍人・ヒューズを演じるのは佐藤隆太、大佐に付き従う冷静沈着な軍人・ホークアイを演じるのは蓮佛美沙子。

©2017 荒川弘/SQUARE ENIX ©2017 映画「鋼の錬金術師」製作委員会
©2017 荒川弘/SQUARE ENIX ©2017 映画「鋼の錬金術師」製作委員会

また、エドやアルたちと敵対する人造人間(ホムンクルス)である、松雪泰子が演じる”色欲” ラスト、本郷奏多が演じる“嫉妬”エンヴィ―、内山信二が演じる“暴食”グラトニーの3人の姿も。

それぞれの陣営にわかれた3枚のビジュアルでは、各キャラの個性を表現したものとなっています。

新たに公開された予告映像では、ウィンリィが機械鎧 (オートメイル)を壊したエドを怒る、原作でも「お約束」となっているファンにとって馴染み深いシーンのほか、 マスタング大佐の象徴する「炎」など、映画で披露されるストーリーの情報がたっぷりと詰まったものになっています。

映画「鋼の錬金術師」は2017年12月1日から公開。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます