ソニー、9980円の電子書籍リーダー「Reader PRS-T2」、同期機能などを新搭載

2012.9.3 20:1配信
PRS-T2

ソニーは、電子ペーパーを採用した電子書籍リーダー「Reader」の新製品「PRS-T2」を9月21日に発売する。Wi-Fi(無線LAN)のみに対応するWi-Fiモデルで、カラーは、ブラック、レッド、ホワイトの3色。価格は9980円。

ディスプレイに、解像度600×800ドット、16階調グレースケールのE Ink社の6型電子ペーパー「Pearl」を採用した電子書籍専用端末。前ページで表示していた文字の残像を抑える独自のアルゴリズムを用い、電子ペーパーの特性として必要な画面の白黒反転を最大15ページに1回に低減し、従来モデルより快適に電子書籍を読めるようにした。ディスプレイのすぐ下に大型のアイコン型操作ボタンを配置し、ホームメニューに「本棚」「アプリケーション」ボタンを新設するなど、メニューをシンプルでわかりやすくして操作性を高めた。

新たに、Android搭載スマートフォンなど、別の対応端末で続きのページから読むことができる同期機能を搭載。Facebook、Evernoteとの連携に対応し、本の感想やタイトル、著者名などの書籍情報、気に入ったフレーズを簡単にFacebookに投稿したり、Evernoteに保存しておいたウェブページなどを、最適なレイアウトで「Reader」にダウンロードして閲覧したりできる。

1回の充電で、最長2か月間読書できる高いスタミナ性能をもつ(Wi-Fiオフで1日30分読書した場合)。内蔵メモリは約2GBで、約1.3GBのユーザー使用可能領域に、書籍なら最大約1300冊、コミックなら約33冊保存できる。対応フォーマットは、EPUB、XMDF、.bookなど。サイズは約幅110×高さ173.3×奥行10.0mm、重さは昨年10月に発売した従来モデル「PRS-T1」より約4g軽い約164g。

「Reader」に対応する電子書籍ストア「Reader Store」は、9月3日時点で、限定配信や先行配信を含め、約6万3600冊の日本語コンテンツ(書籍・コミック)をラインアップする。専用端末の「Reader」だけではなく、スマートフォン「Xperia」シリーズや「Sony Tablet」などに対応し、今秋にはその他のAndroid搭載スマートフォン・タブレット端末にも対応する予定。9月11日に、PCでコンテンツを管理できる「eBook Transfer for Reader Ver.3.0」を提供する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング