NEC、コミックス並みに軽い7インチのタブレット端末「MEDIAS TAB UL N-08D」

2012.9.13 18:21配信
249gとコミックスの平均重量よりも軽い「N-08D」

NECは9月11日、7インチ液晶を搭載したタブレット端末「MEDIAS TAB UL N-08D」のプレス向け体験会を開催した。「N-08D」は9月13日から予約を受け付け、NTTドコモを通じて9月20日に発売する。

「N-08D」を持ってまず驚いたのは、その軽さだ。NECパーソナルソリューション事業本部の西大和男事業本部長は「従来の7インチのタブレット端末の重さは平均350g。『N-08D』はきょう体に軽いカーボンファイバーを採用し、249gに抑えた。7インチのタブレット端末としては世界最軽量だ」と説明した。

カーボンファイバーは、東レが開発した軽くて衝撃に強い素材。飛行機やレースカーなどに採用されている。「開発にあたっては、一般的にコミックスや文庫本の重さであれば持ち歩く人が多いと考えた。コミックスの平均的な重さは250g。それを切ることができた」と西大事業本部長はアピールする。

また、米イマージョン社と共同開発した新しいインターフェース「HDハプティクス」にも注目したい。ゲームや動画、音楽などのコンテンツと連動してタブレットのきょう体が振動することで、コンテンツの臨場感を高め、新しい体験を提供する。

例えば、サイコロを転がすゲームアプリ「DiceShaker D&D」は、「N-08D」を振ってサイコロを転がすほか、画面の端にサイコロが当たるとまるで壁に当たったかのような軽い衝撃を感じる。ギターの弦を弾く「Solo Life」は、弦が震えているような振動を感じることができる。また、音に合わせて自動で振動する「HDリバーブ」も搭載。「N-08D」で撮影した動画に振動を加えることができる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング