水まわりの節約を

「節約しなきゃ」と思ってはいるものの、きっかけがないという人は多いのでは? 節約研究家の小松美和さんによれば、まずはじめに節約すべきなのが「水まわり」だといいます。

そこで今回は、節約初心者でも簡単にできる「水まわりの節約の極意と節約術」を伺いました!

節約をするなら水まわりから!どうして?

節約研究家の小松美和さんは、4人のお子さんと暮らすシングルマザー。節約をゲーム感覚で楽しみながら行い、節約とプチ副業で月給13万円でも、6年で1,000万円を貯められたのだそうです!

そんな小松さんが教える節約術の中身、かなり気になりますよね。

でも節約をしたいけれど何から始めればいいのか分からない、面倒なことはしたくないという人も多いでしょう。そんな節約初心者に向けて、小松さんは「水まわり」の節約を勧めます。

小松美和さん(以下、小松)「水道光熱費は日常生活に直結しており、電気・ガス・水道はいずれも明細書があって毎月どれくらい使っているのか把握しやすいので、節約術を取り入れやすいのです。とくに水道は目で流れる水を確認しやすいため、同時にムダも目につきやすいですしね。

水まわりは何もかも『わかりやすい』ことから、節約するのに向いています」

水道の蛇口

小松さんによると、水道水を5分間出しっぱなしにしていると、牛乳パック60本分が無駄になっているのだそう!

小松「使用環境や水圧によって異なりますが、平均すると1分間に流れる水の量は約12リットル。歯磨きや洗顔中に5分間、水を流しっぱなしにすると、1リットルの牛乳パック60本分も無駄にしているんです」

まずは蛇口を締める習慣からはじめてみるのがよさそうですね!

実践!簡単にできる水まわりの節約術!

蛇口を締めるだけではまだまだ節約にはなりません!

そこで小松さんにお風呂場やトイレ、洗面台などの水まわりの節約術を教えてもらいました。

お風呂場

お風呂

1.浴槽に2リットルのペットボトルを入れて水道代を節約!

小松「お風呂は毎日どうしても大量の水が必要。そこで少しでも水かさをアップして水道代を節約する方法がこれです。2リットルのペットボトルに水を入れたものを5本くらい用意して浴槽に入れるだけ。水かさがアップして、少ないお湯の量でも浸かることができますよ。

温まったペットボトルのお湯でシャワー代わりに体を流せば経済的に。年間約900円の水道代の節約になります」

2.夏のお風呂は朝から水を入れてガス代を節約!

小松「夏場は気温が高いため、浴槽に朝から水をためておけば、夜には3度ほどは上がります。追いだき機能のガス給湯器を使っている方はガス代の節約になりますよ」

「ハピママ*」更新情報が受け取れます