東京ディズニーランド「ワンス・アポン・ア・タイム」※2017年11月6日公演終了

フィナーレのあと、感動のあまり自然と拍手が湧き起こるほどの、東京ディズニーランド屈指のエンターテイメント「ワンス・アポン・ア・タイム」。

2017年11月6日(月)をもっての公演終了が発表されましたが、

「残念……」

の、ひとこと!!

観賞場所はどうすればいいか、どれくらい前から待てばいいか、など、見納めのための徹底攻略ガイドをお届けします。

空前絶後のブームを巻き起こした「ワンス」

「ワンス・アポン・ア・タイム」は、3年と少し前、2014年5月29日よりスタートしました。

しばらくは、

“鑑賞の最後尾は、ワールドバザール入口”

“見たいと思っても、子どもを肩車する人が続出して、前が見えない”

など、実質、シンデレラ城前の中央鑑賞エリアの抽選(これがまた狭き門でした)に当たらなければ、まともに鑑賞するのが困難な大人気でした。

もちろん、東京ディズニーリゾート初のプロジェクションマッピング+花火のナイトエンターテイメントという話題性もありました。

が、それにも増して、私たちゲストに感動を与えてくれたため、リピーターも非常に多く、厳寒期以外は、なかなか混雑は解消しませんでした。

ゲストみんながみんな、「ワンス・アポン・ア・タイム」目当てに来園するため、2014年6月21日(土)には、「当日券販売終了」という、おそらく史上初の措置が取られた過去もありました。

※通常、入園制限が実施されても、徐々に退園するゲストが増えるため、遅くとも夕方前には制限解除されます。が、2014年6月21日(土)は、11:30amという早い段階で、「夜になっても空く見込みがないので、当日券はもう売りません」という異例の措置が取られました

あまりに残念な公演終了……理由は35周年?

東京ディズニーランド「ワンス・アポン・ア・タイム」※2017年11月6日公演終了

さて、そんな「ワンス・アポン・ア・タイム」も、3年が経過し、古びてしまった……のかと思いきや。

いま見ても、東京ディズニーランドの王道をいくかのような、ディズニーアニメーションを中心としたストーリーに音楽、鮮やかなプロジェクションマッピング、豪華で迫力満点なパイロテクニクスなど、非常に完成度が高く、終了してしまうのがもったいないとしか思えません。

ちょうど、来年2018年は、東京ディズニーランド開園35周年。

東京ディズニーリゾート35周年イベント “Happiest Celebration ! ” が開催されます。

夏からは、目玉の一つとして、新たなキャッスルプロジェクションがスタートすると発表されており、このアニバーサリーがなければ、きっと「ワンス・アポン・ア・タイム」を終了させる理由はなかったでしょう。

アメリカ本国のフロリダ州オーランド「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート」マジックキングダムでは、「ワンス・アポン・ア・タイム」の公演が新たにスタートしており、

これも「ワンス・アポン・ア・タイム」の魅力を裏付ける証左と言えるでしょう。

※マジックキングダムは、東京ディズニーランドのモデルと言われるパークで、シンデレラ城があり、ほぼそのまま公演することができます

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます