「バンギャルちゃんの日常」発売記念・バンギャル漫画家対談

2012.10.15 17:30

『バンギャルちゃんの日常』(エンターブレイン)発売を記念して、作者の蟹めんまさんと、帯にコメントを寄せている竹内佐千子さんとの「バンギャル×バンギャル」対談が実現! 学生時代の思い出から社会人になってからのヴィジュアル系的エピソード、そしてさまざまなジャンルのおっかけについてまで、おふたりのディープなトークをお楽しみください。

    バンギャルの聖地・神宮橋にて。
蟹めんまさん(左)と竹内佐千子さん(右)
拡大画像表示

『バンギャルちゃんの日常』(エンターブレイン)発売を記念して、作者の蟹めんまさんと、帯にコメントを寄せている竹内佐千子さんとの「バンギャル×バンギャル」対談が実現! 学生時代の思い出から社会人になってからのヴィジュアル系的エピソードまで、ふたりのトークは止まらない!

■ふたりは同世代バンギャル

――竹内さんは『バンギャルちゃんの日常』の帯にコメントを寄せてらっしゃいますが、漫画を読んだご感想は?

竹内佐千子(以下・佐):私、バンギャルになったのが高校2年生の頃だから、同世代の人より少し遅いんです。それで2つ下くらいの友達が多いんですよね。PIERROTとDIR EN GREY(当時・Dir en grey)が台頭してきたくらいの時期かな…。

蟹めんま(以下・め):じゃあほとんどおなじ時期ですね。

 

佐:だから(「バンギャルちゃんの日常」を)読んでるとドンピシャ過ぎるところがたくさんあるんですよ。テックス伊藤さん(※1)の話とかもうヤバいですね…。

め:あれは全然脚色してないんです。本当にほぼそのまま漫画にしてるんです。すべてが名言でした…。

佐:コスプレの話もすごい面白くて…、当時やっぱりみんな同じこと考えてたんだなあ…って。

め:コスプレが進路を左右してしまうってありませんでした? 金髪にしたいがために、頭髪自由の学校に進学したりとか。

佐:あ、ウチはOKの学校でしたよ。

め:うらやましい…。そういう学校はやっぱりバンギャルさんが多かったんですか?

佐:結構いたかも…後輩にバンドマンのコスプレで登校してる子がいて(笑)。下駄箱に厚底ブーツが入らなくて、靴箱の横にいつも厚底ブーツが置いてある…みたいな。

め:制服はなかったんですか?

佐:私服でしたね。白い上履き着用以外は特に無い学校でした。

め:そういう学校って東京にはよくあるとは聞いてたんですけど、そんなの都市伝説だと思ってました…。というか当時は羨ましいことは全部都市伝説だと思うことにしてたんです。


(※1)テックス伊藤さん…警備会社・株式会社テックスの社長。ヴィジュアル系黎明期からライブの警備を担当し続けており一部のファンの間では有名人。『バンギャルちゃんの日常』にもゲストとして登場。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング