「妊娠線対策には保湿が大事」ということはプレママの共通認識のようですが、「たくさん出ていて、どの妊娠クリームを選んでいいかわからない!」という声も。

そこで、マタニティ&ベビー用品メーカー「ピジョン」のマーケティング担当・小林梨沙さんに、妊娠線クリームの選び方のポイントをお聞きしました。

小林梨沙さん

妊娠線ってどうしてできるの?

――まず、妊娠線ができるメカニズムを教えてください。

小林さん「赤ちゃんの成長とともにおなかが大きくなることで皮膚が伸びに耐えきれず、表皮の下にある「真皮(しんぴ)」という皮膚の層が断裂してしまうために起こります。この真皮が破けた状態が肌の表面から透けて見えるのが妊娠線です。

また、妊娠期のホルモンバランスの変化によって皮膚が伸びにくくなり、真皮が裂けやすくなるということも妊娠線ができる要因のひとつと言われています」

妊娠線を防ぐ方法は?

――妊娠線ができないようにするには、どんな対策が効果的ですか。

小林さん「残念ながら100%防げる方法はありません。でも、気をつけておきたいポイントはいくつかあります」

1.しっかり保湿する

しっかり潤って柔軟でよく伸びる状態の肌には妊娠線はできにくいと言われています。そのような肌の状態を保つには、保湿が重要です。

しっかり保湿し乾燥を防ぐことで、よく伸びる、妊娠線のできにくい肌状態にすることができるんです。

2.おなかが大きくなる前、早めの時期からケアする

おなかが大きくなる前の妊娠3、4ヵ月くらいからケアを始めることが大事です。おなかが大きくなってから……と思いがちですが、皮膚が引き伸ばされる前に、よく伸びる状態にしておくことが大切。

また、皮膚は常に新しくなるので、保湿を続けていることで肌を良い状態に保つことができます。ぜひ早めのケアを!

3.急な体重増加を避ける

肌は少しずつ引き伸ばされるよりも、急激な伸びの方が亀裂につながりやすいため、急激に体重が増えると妊娠線ができやすくなると言われています。

4.妊婦帯でおなかをささえる

おなかが大きくなって前にせり出してくると、動くたびにおなかの重みで皮膚が引っ張られるように。妊婦帯でおなかをしたからささえることで、おなかの重みによる負担を和らげることができます。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます