20代、30代から始めたい終活、「エンディングノート」のススメ

2012.10.24 17:30

「死」は突然にやってくるもの。「もしも自分の身内が、急に逝ってしまったら……」葬儀はどうしてほしかったのか? 相続はどうしたらいいのか?はたして故人はどんな思いで、逝ってしまったのか?高齢化社会と言われる現代、「エンディングノート」のニーズが、終活として近年、高まっている。

20代、30代の頃から「どのように死を迎えたらいいのか?」=終活を考えるというのは、
しっくりこないかもしれないが、「死」は突然にやってくるもの。

「もしも自分の身内が、急に逝ってしまったら……」
「故人はどんな思いで、逝ってしまったのか?」
「葬儀はどうしてほしかったのか? 相続はどうしたらいいのか?」

高齢化社会を迎え、そんな思いをする人が増えているからか、
自分がもしもことがあった時のために残す
「エンディングノート」のニーズが、終活として近年、高まっている。 

 

2012.5 (株)トゥルートラジェ調べ
拡大画像表示
「エンディングノート」を「とても使いたい」「やや使いたい」という人をあわせると、6割以上の人が興味あり。
拡大画像表示
   

   

  

 

 

自分が20代~30代でまだこれを書くのは早くないか? 親にプレゼントするにもしにくいアイテムだし…と思う人も多いだろう。

でも、「若いうちからこそ、終活を始めてほしい」と、豪華装丁版のエンディングノート『マイウェイストーリー』の商品を企画した澁谷圭一さん(株式会社トゥールートラジェ 代表取締役)は、強くアピールする。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング