ニューヨーク・デリ「ビアカクテル(アップル)」 ©︎Disney 撮影/MezzoMiki

2017年9月8日から開始した東京ディズニーシーの「ディズニー・ハロウィーン」。

今年もヴィランズ達が活躍し、盛り上がっています。

そんな中、ヴィランズがモチーフとなった怪しい妖艶な雰囲気のアルコールが今年も登場!

実飲レポで5種類お届けします!

一番さっぱり系!「グレープカクテル」

ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ「グレープカクテル」 ©︎Disney

まずは「ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ」で販売中の「グレープカクテル」680円。

こちらはアペロール(イタリアのリキュールの1つ)を使ったカクテル。

元々のお酒の色と、更に巨峰のリキュールが入っています。更に、底にはグレープゼリーが。

ワインに似たテイストで、爽やかな甘さが特徴。アルコール感は抑えめで、すっきりと果実の甘さが味わえます。

この秋のアルコールの中では一番さっぱり系と言えるかも。

果実の酸味がポイント!「ビアカクテル(カシス)」

バーナクル・ビルズ「ビアカクテル(カシス)」 ©︎Disney

アメリカンウォーターフロントの桟橋にある「バーナクル・ビルズ」で販売しているのは、「ビアカクテル(カシス)」680円。

この場所ではお馴染みとなったビアカクテル。

いつもはビールにシロップが加えられているものが多いですが、今回は、更に細かく擦り下ろされた果実が入っているのが特徴。

果実感が多く、爽やかな酸味が特徴。果実は下にたまりやすいので、混ぜるためのスプーンが添付されています。

時々混ぜながら頂くと更に果実感がいっぱいに。

ビアカクテル全般の特徴ですが、酸味と甘さでビールの苦味は少なく、果実の酸味が残る秋らしいカクテルです。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます