ボーカル会/左からHIKARU.・ZIN(Jupiter)・Shindy(Anli Pollicino)・RYUICHI(ALL I WANT)・MAKI (AllS)・featuring16(Jin-Machine) 撮影・seka

8月30日、東京・高田馬場CLUB PHASEにて「ボーカル会Vol.2」が開催された。

本イベントは、様々なボーカルたちが大集合して様々な名曲をカバーするというもの。いつものバンドとはひと味違った彼らの一面を見ることが出来るということもあり、チケットはソールドアウト。1・2部構成だったこの日の第1部のもようをレポートする。

ボーカル会 撮影・seka

SEの『BABYMETAL DEATH』(BABYMETAL)にのせて、まずバックバンドメンバーyusuke(Dr/HERO)、カゴメ(B)、TERUYA(G)、オミ(G/TRATRATRA)が、そしてボーカル会のメンバーfeaturing16 (Jin-Machine)、HIKARU.、 MAKI (AllS)、RYUICHI (ALL I WANT)、Shindy (Anli Pollicino)、 ZIN (Jupiter) が登場。

まず1曲目は全員で『残酷な天使のテーゼ』(高橋洋子)を熱唱。「今年もやってまいりましたボーカル会!」という16の声からメンバー紹介。アウトロでは各々が自慢のビブラートやシャウトを披露し、初っ端からテンションはマックスである。

Shindy(Anli Pollicino) 撮影・seka

続いてギターを抱えたShindyが『HONEY』(L'Arc~en~Ciel)のイントロを奏で始め、HIKARU.と共にサビを高らかに歌い上げる。「今日は楽しんでいきましょう!」とHIKARU.。『彼女の“Modern…”』(GLAY)ではRYUICHIとfeaturing16 が登場、ひたすらGLAYチョップで観客を煽るfeaturing16 。

featuring16 (Jin-Machine) 撮影・seka

暗転し、ZINとfeaturing16 による「君の名は?」という小芝居めいたやりとりから始まった『前前前世』(RADWIMPS)では観客は手拍子で盛り上がり、HIKARU.とMAKIの『丸の内サディステック』(椎名林檎)では一転してシックな雰囲気に。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます