5月17日東京・高田馬場CLUB PHASEにてNoGoD・えんそく・Jin-Machineの3マンライブ「ノーエンジン」が開催された。

 

 

団長・ぶう・featuring16による前説タイム

団長いわく”遅咲き”フェスとのことで、気心知れた同期が集まるイベントゆえにステージもフロアも終始アットホームな雰囲気に包まれた夜となった。

まずはNoGoD・団長、えんそく・ぶう、Jin-Machine・featuring16が登場し、「俺達がノー!エン!ジン!だー!」と勢い良く挨拶。

前日にも新宿・ロフトプラスワンにてトークイベントを行ったというフロントマン3人が、前説よろしく掛け合いトークで会場をあたためた。

団長・ぶう・featuring16による前説タイム

えんそく

えんそく

Jin-Machine・featuring16の「それでは『ノーエンジン』スタート! トップバッターはえんそくです!」という声にあわせてSEが流れる中メンバーがぞろぞろと登場。

「1バンド目は10月13日に赤坂BLITZを控えて、皆に来てほしいえんそくだ!」冒頭からワンマンライブの宣伝に余念がないぶう。

えんそくに乱入するNoGoD団長・Jin-Machineのfeaturing19

1曲目の『とってもマッケンロー』からアクセル全開だ。この曲のイントロにメンバーが整列してバイクのアクセルをまわすパフォーマンスがあるのだが、そこに閣下と団長がしれっと参加。

恒例のミド(B)の「世界で一番バカバカしい(開放弦でひたすら弾く)」ベースソロタイムになると、Jin-Machineのブッシュドノエル・水月・アリッサ(B)がステージに登場。

何故かベースソロ中のミドをチェキカメラで無言で撮影し、最終的にミドから「弾きなさいよ!」とベースを譲り渡され、自分もベースソロを披露する始末。

ミドのベースを弾くJin-Machineの水月(B)


水月が家庭の事情で7月に脱退してしまうこともあり、「みっちゃん(水月)、今日は思い出いっぱい作ろうよ!」とぶう。なお、その模様もチェキで撮影されたようだ。

えんそくに乱入するJin-Machineの水月。そしてチェキ撮影会に。
チェキ撮影会は続く。
さらに続く。

「もっともっと楽しくなっちゃおうぜ!」と『イン・ザ・マリオワールド』へ。

学生時代のこうるさい”合唱リーダー”への想いをテーマにした『合唱リーダー深沢』の前に、曲中に出てくる”合唱部の歌唱”を指南するぶう。最初はまばらなフロアの声に対して「皆が揃わないとえんそく終わらないよ?」と”合唱リーダー”ぶりを発揮する。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます