heidi.・義彦(Vo)/NoGoD・団長(Vo)

NoGoDとheidi.それぞれ10年以上ヴィジュアル系シーンの第一線で活動しているバンドです。

そのフロントマンである団長さんと義彦さんは、実は専門学校の同級生。出会ってから15年以上の仲なんだそうです。

その時その時でお互いを意識していたというふたり、一体どんなトークが飛び出すのでしょうか――?

NoGoD・団長(Vo)
heidi.・義彦(Vo)

――今回はNoGoDの団長さんとheidi.の義彦さんをお迎えした「同級生対談」なのですが、団長さんはまだメイク中ですね。

読者の方に説明をいたしますと、現在、額にESPのロゴを描いている真っ最中です。

団長:俺たちESP(ESPミュージカルアカデミー)の同級生だから(笑)。

義彦: めっちゃ(ロゴを)きれいに書いてる、うまいねえ。

団長:もう慣れたもんですよ。

――ちなみに義彦さんと団長さんの出会いは、専門学校に入学した時ですか?

義彦:そうです。たしか16クラスくらいあって、その中で同じクラスだったんだよね。

団長:当時ボーカル科は午前と午後で分かれてて、午後の部を入れたらもっといたよ。 それで、入学のときに行う実力テストで振り分けられるんだよね。

義彦:そうそう。その実力テストで団長は何を歌ったの?

団長:BUMP OF CHICKENの『天体観測』。

義彦:それは課題曲だよ。もう1曲、自由曲があったじゃない?

団長:俺はたしかSEX MACHINEGUNSの『BURN~愛の炎を燃やせ~』。

義彦:朝っぱらから(笑)。

団長:そういうお前は何歌ったの。

義彦:俺はDir en grey(現在の表記・DIR EN GREY)の『予感』、人のこといえないね(笑)。

団長:馬鹿野郎! 朝から「♪帰れずに~」って。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます