7と違いすぎる! 「Windows8」を元の使い勝手に戻すフリーソフト3本

2012.12.4 17:30

新しいOSということで喜んで購入したWindows 8。しかし、随所にこれまでのWindowsとは違うところがあって使いづらいと思っている人も多いのではないでしょうか。そこで、Windows 8の困ったところを改善できるフリーソフトを3本ご紹介します。

 

みなさん、Windows 8使っていますか? 僕、最近Windows 8を使い始めました。

Windows 8の特徴といえば、タブレットPCのように画面を直接タッチして使うのに適した「モダンUI」と、従来のWindowsの感覚で使える「デスクトップUI」の両方が使えることでしょう。「デスクトップUI」が使えるのならば、Windows 7から乗り換えてもそれほど違和感なく使えるはず。そう僕は思っていました。そう、実際に使うまでは……。

しかし、現実は甘くありませんでした。「モダンUI」はいいんです。まったく新しいインターフェイスなので、触って覚えるしかありません。画面タッチの操作に慣れてしまえば、快適に使えます。

でも、やはり長いことWindowsを使ってきた身としては、慣れ親しんだ「クラシックUI」で使いたい。必然的にこちらの使用頻度が高くなってしまいます。

いや、それはそれでいいんです。自分の使いやすいほうを使えばいいんです。しかし、この「クラシックUI」がなかなかのクセモノ。一見Windows 7のような顔をしていますが、細かいところがWindows 7ではありません。Windows 7にはあったのに、Windows 8にはない機能なんかもあります。

おそらく、このように困っている人は僕だけじゃないはず。そこで、Windows 8の「クラシックUI」をちょっとだけWindows 7のようにできるフリーソフトを3本ご紹介しましょう。この3本をインストールするだけで、「クラシックUI」が使いやすくなること間違いなしです。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング