アイドル本人の目線でライブを体感!『メディア/アイドル ミュージアム』展体験レポ

2013.1.2 17:30

アイドルの活躍の裏には、メディアの進化が不可欠だった!川口・映像ミュージアムで開催中の『メディア/アイドル ミュージアム』展では、そんなメディアとアイドルが生み出す興奮モノの体験ができちゃいます。

先日とあるアイドルさんの取材に行って、あらためて実感しました。元気な女の子に会うと、こっちまで元気になる! 混迷を極める日本において、アイドルの存在は日増しに輝きを増すばかりです。
 

そんなアイドルの活躍と、メディアの進化・発展は、実は蜜月関係にあるのではないか? そんな視点から、アタマとカラダとココロを総動員して<メディアとアイドルの進化>を楽しく実感できる展覧会『メディア/アイドル ミュージアム』が、2013年4月7日(日)まで開催中です。

JR川口駅からバスで10数分。会場となる埼玉県・川口市「SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ映像ミュージアム」に到着です。今回の『メディア/アイドル ミュージアム』はこの映像ミュージアムの企画展という位置づけ。そのため当然常設展というものもありまして、これがまたかなりすごい展示だったのですが、それは記事の最後にご紹介するとして、まずは『メディア/アイドル ミュージアム』の体験レポートをお届けいたします。

ちなみに本企画展に協力しているアイドルは、アイドリング!!!、アップアップガールズ(仮)、AKB48、℃-ute、でんぱ組.inc、東京女子流、初音ミク、バニラビーンズ、Berryz工房、BiS、風男塾、モーニング娘。 ほか。どうですかこのそうそうたる顔ぶれ! ではさっそく見ていきましょう。
 

会場に入ると最初に目に飛び込んでくるのは、日本におけるメディアとアイドルの歴史を一望できる巨大な年表。はじまりは1950年代の美空ひばりデビュー(!)から、ゼロ年代以降のグループアイドル戦国時代まで、それぞれの時代におけるエポックメイキングな事柄が網羅されています。また、年表の欄外にはQRコードがついていて、読み取るとさらに詳しいコラムやアイドルのプロフィールを知ることができます。

さらにこの年表、半分から下がアイドルの歴史、その上がメディアの歴史になっていて、上下の年表を見比べてみると、カラーテレビの誕生・インターネットの普及・YouTubeの誕生など、メディアが劇的に変化したタイミングにシンクロするように、アイドルシーンにも大きなうねりが生まれていることがわかります。正直、この年表を読み込んでいろいろ考察しているだけで軽く1時間は過ぎてしまいそうな密度!

 

続いてはアイドルとメディアの蜜月関係をもっともわかりやすく体感できる表現=ミュージックビデオを見られる視聴コーナー。今回の企画を担当した澤柳さんいわく、ここでも上映されているBiS『nerve』のMVを見て衝撃を受け、今回の企画展を思いついたのだとか。

 

いま人気の動画

     

人気記事ランキング