大切な個人情報がつまったiPhoneをもし紛失してしまったら…なんて想像するのも怖いですが、自分の身に起こらないとも限りません。個人的にも、iPhoneに仕事の重要なデータなどを集約しているので、そんな事態になった時どうすればよいか途方にくれてしまうでしょう!今回はそんな大切なiPhoneを紛失する前にやっておきたいこと、また、紛失してしまった際の対処法を紹介します。

(1)パスコードを複雑にしておく!

あまり知られていないパスコードの設定方法

通常、iPhoneのパスコードは4桁の数字で設定している人が多いと思います。しかし、意外と知られていませんが、実はこのパスコードは英数字を使った4桁以上の複雑なものにすることができます。設定方法は簡単。

 

まず、iPhoneで「設定」を開き、「一般」の項目を選択します。次に、「パスコードロック」の項目をタップし、「簡単なパスコード」をオフにしてから、「パスコードをオンにする」をタップします。すると、英数字を加えた複雑なパスコードを作成することができます。

パスコードの桁数も4桁以上で設定することができ、紛失して悪用されそうになっても簡単にパスは破られないはずです。

 
「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます