『ロマンス暴風域』(扶桑社) 鳥飼茜

10月23日に『ロマンス暴風域』(扶桑社)、『先生の白い嘘(8)』(講談社)、『鳥飼茜の地獄でガールズトーク』(祥伝社)を同時発売した漫画家の鳥飼茜さん。『ロマンス暴風域』では、さえない美術教師の「サトミン」と、あざとい風俗嬢の「せりか」との恋が描かれています。

性の差について作品を描くことの多い鳥飼先生に、男女のすれ違いについて話を聞きました。

地位や名誉のない男性は、モテる男性に寄っていく女性を憎む!?

——『ロマンス暴風域』の主人公の男性「サトミン」は、非モテコンプレックスを持っているように感じます。

女性は少し前に流行った「こじらせ女子」のような形で非モテコンプレックスを露呈しますが、男性と女性の非モテコンプの違いは何だと思いますか?

鳥飼茜先生(以下、鳥飼):男性も女性も根本は一緒だと思います。一般的に女性がモテるとされている理由は器量と若さ、男性がモテる理由は地位や肩書、経済力。これが入れ替わっているだけです。サトミンみたいな人は、モテないわけではないと思うんです。

でも、会社経営者だとか、ひとかどの表現者とかになってくると、女がわらわらと寄ってきてしょうがない。そこから選び放題だし、断るのも面倒になるくらいモテるんです。そして、そういう地位や肩書のある男性と関わりたい女がいるんです。

でも、なぜ女性が群がってきているか男性側もちゃんと知っています。

それでモテたところで「俺の地位や肩書に寄ってきやがって」という思いも消えないし、地位や肩書がない男性からすると「地位や肩書に寄ってくる女どもめ……」と女性を憎む気持ちが生まれるのは男性特有かなと思います。

モテる女性のことを「どうせ見た目で選んでる」と言っても、それは整形しない限り手に入れられません。でも、男性は地位や肩書が頑張れば手に入る余地がある。その点が延々と終わらない悪循環ですよね。

『ロマンス暴風域』(扶桑社)鳥飼茜

——地位や肩書のある男性に対して、それらを持っていない男性が恨みを持つことはないのでしょうか?

鳥飼:男性は基本的に自分よりうまくいっている男性に対して、直接は恨みを持たないと思います。

——それは、自分は良い男じゃないしその男性には勝てないと思うからですか?

鳥飼:多分、男同士で争いごとをすると戦争になるからです。よほどのことでないと憎まないように工夫しているのだと思います。

女性のことをどれだけ憎んでもそこまで事故にはならないけど、男同士だともう決闘ですから。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます