音楽聞き放題サービス「レコチョクBest」スタート。開発スタッフに聞いた"危機感"と"こだわり"

2013.4.7 10:30

月額定額制の音楽聞き放題サービス「レコチョクBest」が3月4日にスタートした。邦楽を中心とした聞き放題のサービスは初となる。開発の経緯やサービスの特徴、ユーザーにとってのメリットなどを3名の開発者に聞いた。

月額定額制の音楽聞き放題サービス「レコチョクBest」が3月4日にスタートした。月額980円(apple課金は1000円)で、J-POPを中心とした100万曲以上がいつでもどこでも聞き放題となる。3キャリアに対応しており、Android/iPhoneともにアプリのダウンロードは無料だ。

聞き放題のストリーミングサービスは、海外では「Spotify」、国内では「LISMO unlimited」などがあるが、邦楽を中心とした聞き放題のサービスは「レコチョクBest」が初めて。レコチョクはこれまで「着うた」「着うたフル」を広く展開し、どのデバイスでも音楽を「買える」サービスとして親しまれてきた。そんなレコチョクが今、定額制の聞き放題のサービスを開発した理由とは何か。開発の経緯やサービスの特徴、ユーザーにとってのメリットなどを、開発者の鬼頭武也さん、安部貴之さん、川人健司さんに聞いた。
 

鬼頭武也さん
きとうたけや○マーケティング企画部 担当部長 兼マーケティング企画部 サービス企画グループ長 兼社長室 担当部長

価格設定やスペックといった基本的な部分から、具体的なサービスの立案、投入のタイミングの調整、開発全体のディレクションも、レコード会社との交渉調整を担当。

 

安部貴之
あべたかゆき○商品編成部 編成グループ アシスタントマネージャー

サービス企画という立ち位置から、UIを含めた編成を担当。また、レコード会社との交渉も、楽曲をどう展開していくかなどの運営部分も担う。

 

川人健司
かわひとけんじ○マーケティング企画部 サービス企画グループ アシスタントマネージャー

プロジェクトの管理、マネジメントを担当し。3人で企画・検討したサービスを、どのようにして開発の工程を落としていくかを考えるのが大きな役割。
 

 

鬼頭: 「スマホに替えてから、音楽が聞きにくくなった」という声を聞きます。いわゆるガラケーよりキャリア決済が簡単ではない、というのが理由のひとつ。また、日本レコード協会の調査でも、音楽を有料で聞かなくなった人が増えたという統計が出ています。私たちはその事実を受け止めつつ、音楽を再び活性化するためのステップをつくりたかったんです。

安部: 買うほどではないけど、まずは聞いてみたい楽曲ってありますよね。レコチョクBestは、そんなニーズに応えることのできるサービスなんです。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング