ディズニーマニア約20人が集結し、日本最大級の情報量のディズニー記事を配信している「ウレぴあ総研」。

ディズニー特集の制作を統括しているディレクターが、2017年に公開された、ディズニー配給の長編映画9本(※)を、超個人的にランキング。

年末年始に観るべき映画とは!?

※ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ(ディズニー・アニメーション)、ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ(ディズニー実写)、ピクサー・アニメーション・スタジオ、マーベル・スタジオ、ルーカスフィルム製作のうち、日本公開が2017年の長編映画9本をランキング

9位『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』

(2017年7月1日公開)

良くも悪くも、徹頭徹尾「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズらしかったよね、ジャック・スパロウ(と演じるジョニー・デップ)は魅力的だよね、という作品。

ランキングにしてしまうと「これが最下位なのか……」という感想で、優れたエンターテイメントではあります。

物語には粗があって、設定が曖昧すぎるだろ、過去のあの話はどうなった、と突っ込みたくなるシーンもあるにはあるのですが。

「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズファン、ジャック・スパロウのファンは、そんなこと気にせずに、どっぷり楽しめるでしょう。

私はそこまで熱心なファンではなかったので、この順位となりました。

映画館で観られなかった、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ好きな方は、間違いなく年末年始におすすめな映画です。

8位『ドクター・ストレンジ』

(2017年1月27日公開)

マーベル・シネマティック・ユニバースにとって、最も重要な人物(に、これからなるはず)の、ドクター・ストレンジのデビュー作。

傲慢な天才外科医が、大事故を起こし、腕が麻痺し挫折。

地球でも宇宙でもない、神秘の世界を守るヒーローとして成長していく物語です。

特筆すべきは、魔術シーンの、想像を越える映像クオリティ。

大都会のビル群がねじれ、天も地もわからなくなるような中で、闘いが繰り広げられます。

ドクター・ストレンジは、後述する『マイティ・ソー/バトルロイヤル』に登場したほか、2018年4月27日公開『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』にも登場予定です。

特に『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を楽しみにしている方は、絶対に観ておきましょう。

7位『スパイダーマン:ホームカミング』

(2017年8月11日公開)

最高のハイスクール・青春ムービー。

ええほんと、胸キュン(死語)シーンの連続です。

スパイダーマンの中の人、ピーター・パーカーは、15歳の高校生。

ヒーローとしてどうあるべきなのか、若いからこその未熟さが、テーマの柱となります。

もう1つの柱は、15歳の頃にほとんど誰もが経験しているかと思いますが、恋愛です。

学校に憧れの女の子がいて、でも気持ちを伝えられるわけでもなく……という初々しさ、ドキドキ感が、もうこれでもか、と詰め込まれていて、演じるトム・ホランドの魅力もあって、もう最高ですよ。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます