左からハルク、ソー、ヴァルキリー、ロキ|2017年11月3日(金・祝)公開『マイティ・ソー バトルロイヤル』 ©Marvel Studios 2017

世界最強のSFシリーズ、マーベル・シネマティック・ユニバースの最新映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017年11月3日公開)。

試写を観たライターが、ネタバレなしで見どころを徹底レビュー!

最強 vs 最強…今までにない “無双” 感が爽快すぎる

意外! 徹底したユーモア路線

「マイティ・ソー」シリーズ第3弾、アスガルドにおける物語の区切りとなる『マイティ・ソー バトルロイヤル』ですが、今までとは毛色が大きく違います。

そもそも第1作『マイティ・ソー』は、ディズニー実写『シンデレラ』を監督した、ケネス・ブラナーが監督。

北欧神話がベースとなっている、重厚な世界観を、見事に表現し、ストーリーも親子・兄弟にまつわる骨太なものでした。

ところが、『マイティ・ソー バトルロイヤル』は、自身がコメディアンでもある、 タイカ・ワイティティが監督。

ソーを演じるクリス・ヘムズワースも、2016年のリブート版『ゴーストバスターズ』で、ユーモアのセンスを炸裂させ、コメディ路線でも才能がある事実を証明したばかり。

本編を通じて、笑いが絶えず、シリアスなシーンでも必ずジョークを挟んでくるなど、徹底したユーモア路線で仕上げてきました。

時間が過ぎるのがあっという間で、最初から最後まで目が離せませんよ。

ソー&ハルク vs 死の女神

圧倒的な存在感。ケイト・ブランシェット演じる、死の女神ヘラ ©Marvel Studios 2017

しかも、原題 “ラグナロク”、邦題 “バトルロイヤル” が示すとおり、アスガルドをめぐる、終末の闘いが描かれます。

中心となるのは、「アベンジャーズ」のメンバーの中でも間違いなく最強の一画である、ソーとハルク。

相対するは、まだ戦っていないサノス(『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のヴィラン)を除けば、これまでで最強のヴィランとなった、死の女神ヘラです。

ケイト・ブランシェット演じるヘラですが、その立ち居振る舞い、存在感たるや、圧倒的。

戦闘においても、ソーのハンマー「ムジョルニア」を粉砕するほか、驚異的な強さを発揮します。

アスガルド無双!?

今までも、『アベンジャーズ』や『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』をはじめ、わっさわっさ来る大量の敵を、チームの見事なコンビネーションで撃退するシーンは、珍しくありませんでした。

が、『マイティ・ソー バトルロイヤル』では、個が強いので、たった1人で大量の敵を粉砕していきます。

これ、どこかで見たことある……と既視感があったのですが、すぐに思い当たりました。

驚異的な戦闘能力を誇る、ヘラ ©Marvel Studios 2017

たとえばヘラの戦闘シーンは、まるで、コーエーテクモゲームスの制作チームω-force(オメガフォース)が提供する、無双シリーズのようなんです。

「真・三國無双」に始まり、「ガンダム無双」「ワンピース無双」「ゼルダ無双」、さらにはドラクエ無双(「ドラゴンクエストヒーローズ」シリーズ)まで生み出してきたω-forceですが。

マジで「アスガルド無双」の制作発表が待たれます。

いや、つくろうよ!!

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます