「肌は“露出した脳”」と言われているのを知っていますか? 美しさを身につけるためには、スキンケアばかり頑張っていてはダメなのです。

ですが、忙しい毎日を送っていると、なかなか「キレイのためにそこまで頑張れないよ!」という方も多いでしょう。

そこで今回は、内側からも外側からも美しさを身につけることができる簡単な習慣を、健康リズムカウンセラーの筆者と、周りの専門家の話も交えつつご紹介していきます。

1. スキンシップ&褒められる回数を増やす

ストレスは、美しさの大きな敵! ストレスを少しでも軽減するために効果的なのが「スキンシップ」です。旦那さんや恋人だけでなく、お子さんや友だちとでも効果は期待できます。

また、人から褒められたり、良い言葉をかけてもらうのもオススメ! 自己肯定感が上がるだけでなく、NK細胞も増えて、ストレスに強くなっていくとされています。肌がキレイになるだけでなく、内面からイイ女になっていくことができるのです。

「でも人に褒めてもらうのって難しくない?」と思う方は、まず相手を褒めることから始めてみましょう。相手に良い言葉をかけると、自分にも返ってくるようになります。

人間関係にもいい影響をもたらしてくれるので、試してみる価値はあるのではないでしょうか。

2. 脂肪をとる

女性ホルモンの分泌には、脂肪が欠かせません。「最近、ケアをどれだけ頑張っても今いちキレイになれていない」、「コラーゲンを飲んでるのに肌がカサカサする……」といった方は、脂肪が足りてない可能性があります。

特にダイエット中の方は、脂肪をとるのを避けてしまいがち。女性ホルモンは若々しさや髪の量などにも関連してきますから、朝食や昼食などにしっかりと取り入れることをオススメします!

お肉や魚だけでなく、間食にナッツを食べるのもいいですね。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます