理想のカップルと言えば、ケンカがなくいつもラブラブのカップルでしょうが、多くのカップルが時おりケンカをしてしまうものです。

ケンカはしてもほどほどにするのが良いのでしょうが、仲直りできなくなるほどエスカレートしてしまっては、後戻りもできずに終わりとなってしまいます。

本当は彼のことが大好きなのに…そんなつもりじゃなかったのに…と後悔をしても「時すでに遅し」ということにもなりかねません。

では、万が一彼とケンカになってしまったら、何を意識し、気を付けたらよいのでしょうか。

今回は、彼とのケンカで後戻りできなくなってしまった経験がある女性たちに、彼とのケンカでやってはいけないNG行動について聞いてみました。今回はその中から5つをご紹介します。

これをやったら終わってしまうかも!彼とのケンカでやってはいけないNG行動

「ケンカするほど仲がいい」とは言いますが、積極的にケンカをしたいと思っている人は少なく、出来ればケンカはしたくないと多くの人が思っているはずです。

ケンカのあとは雰囲気も悪く居心地も悪い。そんな空気に耐えられないからケンカは一切しない…と心に決めていても、やっぱりケンカは起きてしまいます。

起きてしまってもそれは決しておかしいことではなく自然なことですが、重要なのは後戻りできなくなるほどエスカレートさせないということです。

では、彼とのケンカで後戻りが出来なくなってしまうNG行動とはいったいどんな行動でしょうか。

相手を責めすぎる

ケンカの目的は、勝ち負けを決めることではありません。改善すべき点をお互いに話し合い、もっとよい関係になるために努めることです。

しかし、ケンカになるとついカッとなり感情的になってしまうことから、相手を打ち負かしてやろうという感情が芽生えがちですが、それをしてしまうと彼のプライドが深く傷ついてしまいます。

男性は一度プライドが傷つくと立ち直るのに時間がかかり、最悪の場合関係性を断ち切ることを選択する可能性もありますから、相手を責めすぎないようにしましょう。

難しいことかもしれませんが、相手に謝る隙を与えてあげるくらいが良いですね。

過去の事を蒸し返す

ケンカの最中に過去の事を蒸し返す人もいますが、それをやってしまうと、ケンカしている目的から大幅にズレてしまい、エスカレートしやすくなります。

過去は過去、もう終わったことです。それをいつまでも引きずるようなことを言ってしまうと彼の心も冷めてしまいます。

ですから、ケンカの際は、今起こっている問題だけに的をしぼり話し合うようにしましょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます