東方神起、5大ドームツアー完走! 「メンバーになって皆さんに会えてよかった」

2013.6.18 12:45配信

人気ユニット・東方神起が6月17日、東京ドームで念願の5大ドームツアー「東方神起 LIVE TOUR 2013 ~TIME~」のファイナルを迎えた。

5大ドームツアーのファイナルを迎えた東方神起 左からユンホ、チャンミン
拡大画像表示

人気ユニット・東方神起が6月17日、東京ドームで念願の5大ドームツアー「東方神起 LIVE TOUR 2013 ~TIME~」のファイナルを迎えた。

日本デビュー以来の夢を叶えたふたりは、ペンライトで赤く染まった会場を見つめ、チャンミンは「遠い夢だったドームが、しかもツアーになって現実になるなんて夢みたい」と感激。ユンホは「今回のツアーが出来たこと、ここまで無事に来られたのも、支えてくれる皆さんがいたからこそ」と感謝を伝え、「これからも初志貫徹で頑張ります!」と誓った。

中世の騎士を連想させる白い衣装に身を包んだふたりがリフトで登場すると、場内から割れんばかりの大歓声があがった。そして『ANDROID』『Superstar』といったアップテンポなダンス曲を披露し、「皆さんと僕たちのどちらが先に疲れるかの勝負です。最初からガンガンに盛り上がって行くから最後までちゃんと付いて来て!」(ユンホ)、「この夢の時間を皆さんとひとつになって、最高の思い出を作りたいです」(チャンミン)と叫び、ライブの幕を開けた。

アルバム『TIME』を携えたツアーは、楽曲も演出も現在・過去・未来と“時間”を意識した内容。最新曲『OCEAN』(6月12日発売)や、『Purple Line』『Heart, Mind and Soul』など新旧も織り交ぜ緩急つけながら全28曲を気迫溢れる圧巻のパフォーマンスを披露。ソロではそれぞれ新曲を披露し、ユンホがダンスで魅せ、チャンミンはロックで煽って5万5000人を熱狂させた。

また、可動ステージや回転ステージ、炎やレーザーなどドームの広い空間を活かしたド派手な演出の他、トロッコに乗ってサイン入りのカラーボールやフリスビーを客席に投げるサービスなどでも沸かせた。さらに、MCでは、予備校講師・林修氏のお馴染みのフレーズ「今でしょ!」を連発。表情をファンにレクチャーしたり、お笑いコンビ・COWCOWの“あたりまえ体操”などで、観客の爆笑をさらった。

ラスト曲『In Our Time』では、会場が一体となって大合唱。そして、客席のペンライトが赤からパステルブルーに一変し、「TIME」の文字が赤く浮かびあった。このファンのサプライズにふたりは感激。ユンホは目を潤ませ、「皆さんの温かい目と熱いハートで胸がいっぱい。紆余曲折があったけど、温かい応援で今の東方神起があります」と感謝し、「東方神起のステージは勇気、希望を伝えるために存ります。東方神起のメンバーになって、皆さんに会えて本当によかった」。チャンミンは「皆さんのおかげで幸せでした。頑張って、ドームでのライブの数を増やしていけたら」とさらなる飛躍を誓った。さらに、ダブル・アンコールにも応えたふたりは、何ものにも代えがたい最高の“TIME”を噛み締めていた。

同ツアーは全16公演で70万人を動員。8月17日・18日には、海外アーティスト初となる横浜・日産スタジアムでの追加公演が決定。総動員数は自己新記録の85万人になる予定だ。

 

 

 

 

 

   

いま人気の動画

     

人気記事ランキング