POIDOL

2018年も早くも1月が過ぎようとしていますね。今回は寒い冬を温めてくれるくらいホットなヴィジュアル系バンドをご紹介したいと思います。

アイオリン

アイオリン

東京藝術大学器楽科を卒業し、作詞作曲からアレンジまで全てを手掛けるヒカリト(Vo&Vn&G&Pf)を中心に悠(G)、レイス(B)、Seiya(Dr)の4人で結成された4ピースヴァイオリンラウドロックバンド、アイオリン。

2017年2月6日に始動し、1st Album 「Tear In The Rain」をリリース(iTunes及びレコチョク、LINE MUSIC他にて配信も開始)。

V(isual)×V(iolin)をコンセプトに掲げ、「切なさ」を歌詞に乗せ届ける。今までに無かった斬新な切り口で現在のバンドシーンに鮮烈に斬り込んでいくアーティスト。

コメント

ウレぴあ総研をご覧の皆様、初めまして、アイオリンです。都内を中心にV(isual)×V(iolin)をコンセプトに掲げ、ライブでも実際にヒカリトがヴァイオリンを演奏します。今までにないバンド形式を実際に会場で感じていただけたらと思います。是非ライブハウスに足を運んでください。

2018年2月6日にアイオリンは1周年を迎え、新宿club SCIENCEにて、アイオリン 1st Anniversary ONEMAN "Proof of Existence"が開催されます。1人でも多くのお客様に見てもらえれば幸いです。メンバー一同お待ちしております。

Rides In ReVellion

Rides In ReVellion

Rides In ReVellionは黎(Vo) TaJI(G) 渚(B) 飴(Dr)の4人で構成されたヴィジュアル系ロックバンド。大阪を中心に精力的に活動中。

X JAPAN、LUNA SEA等、先人たちが確立させた90年代のヴィジュアル系シーン。そのシーンを彷彿とさせる旋律と近代的デジタルサウンドとの融合を目指し、"HARMONIZED TIME PARADOX(調和する時間の矛盾)” をコンセプトを掲げ、降り注ぐ美麗なメロディと、ソリッドに突き刺さるサウンドが心の琴線に触れる。

楽曲のクオリティの高さもさながら、ドラマチックかつエモーショナルに繰り広げられるライブは、1本の映画を観た様な感覚に陥るほどの没入感が得られる演出となっていて、見る者の心を掴んで離さない。

コメント

ウレぴあ総研をご覧の皆様、はじめまして。
Rides In ReVellion(ライズインリベリオン)と申します。

"PSYCEDELIC VIOLENCE CRIME OF VISUAL SHOCK"
ヴィジュアル系の語源であるこの言葉の通り、見聞きする者に常に衝撃を与え続けるのが本来のヴィジュアル系だと信じて活動しています。
ただ楽しいだけのライブ、似たり寄ったりの音楽を創り続ける事で停滞している現代ヴィジュアル系に新たな衝撃と意外性を。

7月には
3周年記念ONE MAN『BEYOND THE -HORIZON-』
2018年7月21日 東京 目黒鹿鳴館
2018年7月28日 大阪 阿倍野ロックタウン
を行います。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます