今やSNSの代表格ともいえるインスタグラム。年齢や性別を問わずに多くのユーザーが日々素敵な写真を投稿し、ユーザー同士で共有しています。この記事を読んでいる女性の中にも、インスタグラムに写真を毎日投稿しているという方もいるのではないでしょうか。

そんなインスタグラムですが、最近「インスタおばさんがイタい」といった話題が上がることが増えています。

今回はそんな「インスタおばさん」の、ちょっと苦笑いしてしまうような投稿についてご紹介します。

そもそも「インスタおばさん」とは?

最近、インスタの話題で時折持ち上がる「インスタおばさん」という言葉。耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

インスタおばさんとは、30代もしくは40代以降の女性ユーザーのことで、若い女性からみて「若作りしてる」「イイ年齢して自分アピール」などと判断されてしまうような投稿をする女性のことを指すようです。

世代に該当する女性は多いと思いますが、30代40代の女性ユーザーすべてが「インスタおばさん」というわけではありません。

そこで、「インスタおばさん」と呼ばれてしまうようなイタい投稿について次で解説します。

20代から見た「インスタおばさん」のイタい投稿まとめ

ここからは、インスタおばさんのイタい投稿についてご紹介します。

加工しまくりの自撮り写メ

まず、インスタおばさんの定番ともいえる投稿内容が「加工しまくりの自撮り写メ」です。

最近は、手軽に写真を加工できるアプリが多く、「美肌機能」「デカ目機能」「小顔機能」など、実際よりもより美人に見せることが簡単です。そうした機能をフル活用して写真を投稿するインスタおばさんは後を絶ちません。

「誰に何のアピールしてるの?」
「自撮りという時点で若い人の真似事をしている感じ」

など、非常に多くのマイナスイメージがあるようです。

変なハッシュタグが多い

インスタグラムの機能の一つである「ハッシュタグ」。

「#」の後ろに好きなキーワードを入れることができ、それをユーザー同士で共有できるというSNSならではの機能ではありますが、このハッシュタグの内容によっても「インスタおばさん」として判断されてしまうケースがあるようです。

例えば、お酒を飲んでいる写真をアップする際のテキスト欄に「#今日は一人酒」「#顔が赤いとか気にしない」「#水割りの分量ミスッた」などのハッシュタグをつけた際に「結局何が言いたいの?」と読む人は首をかしげるようです。

若い人ならまだしも、ある程度人生経験や教養を積んでいる女性がよく分からないハッシュタグをつけていると「イタいな~」を思われてしまうようです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます