「DVDFab3」が首位独走中! ディスクコピー&動画変換ソフトの決定版

2013.7.30 18:46配信

デジタルビデオカメラなどで撮影した動画の編集・変換・保存を行うビデオ関連ソフト。このジャンルで、ジャングルのディスクコピー&動画変換ソフト「DVDFab3 BD&DVD コピープレミアム」の快進撃が止まらない。家電量販店の実売データを集計した「BCNランキング」の製品別ランキングで、4か月連続で1位をキープし続ける「DVDFab3 BD&DVD コピープレミアム」の動向を追った。

●定番の「DVDFab」シリーズ 前モデルは9か月間トップをキープ

デジタルビデオカメラだけではなく、デジタルカメラ、スマートフォン、タブレット端末と、気軽に動画を撮影できる機器が増えた。You Tubeやニコニコ動画など、動画配信サービスも人気で、日常のちょっとおもしろいモノ・コトを撮影して、気軽に公開する人が増えている。撮影した動画を編集したり、メディアにコピーしたり、動画配信用にフォーマットやサイズを変更したりするときに活躍するのが「ビデオ関連ソフト」だ。

ビデオ関連ソフトには、動画をカットしたり、効果を追加したりする編集機能がメインの「編集ソフト」や、DVD/BDなどのメディアに書き出す「DVD作成ソフト」、スマートフォンやタブレット端末などのモバイル機器で再生できるフォーマットに変換する「変換ソフト」など、さまざまな機能のソフトがある。もちろん、1本で編集、変換、書き出しまでできる統合ソフトもある。用途に合わせて選択したい。

いま、このビデオ関連ソフト市場でトップを走っているのが、ジャングルのディスクコピー&動画変換ソフト「DVDFab3 BD&DVD コピープレミアム」だ。DVD/BDに保存した動画を、PCを介して、新しいDVD/BDへコピーすることができる。

実は「DVDFab」シリーズは、ディスクコピーソフトでは定番となっているソフトの一つ。前製品の「DVDFab2 BD&DVD コピープレミアム」は、2012年5月から2013年1月までの9か月間、ビデオ関連ソフト市場で1位をキープし続けた。

「DVDFab3」シリーズは、今年2月21日の発売。製品の入れ替え時期にあたる2月こそ首位を逃したものの、3月からこの6月まで、4か月連続で販売本数シェア1位をキープし続けている。

●高額でも売れる理由は「豊富なコピーモード」にあった!

ビデオ関連ソフトは無料で提供される製品や、低価格のものが多い。そんななかで、「DVDFab3 BD&DVD コピープレミアム」は定価で1万6800円と、決して安くはない。高い理由、そして高くても売れる理由は何だろうか。

数多くある無料ソフトと「DVDFab3 BD&DVD コピープレミアム」の最大の違いは、汎用性・互換性の高さだ。PCで作成したデータをコピーするのとは違って、カメラなどで撮影したデータを他の機器にコピーするのは、実はなかなか難しい。

ビデオカメラで撮影した動画をBDプレーヤー/レコーダーで再生しやすいよう、BDAV形式でメディアに書き込む人は少なくない。しかし、BDAV形式で保存した動画を無料のコピーソフトでコピーしようとすると、撮影したビデオカメラによってコピーできないことがある。これは、コピーソフトとビデオカメラの互換性がないから。「DVDFab3」シリーズは、販売されているビデオカメラとの互換性のチェックを徹底して行っているので、BDAV形式で保存した動画データをコピーすることができる。

さらに豊富なコピーモードも大きな強みだ。DVDの動画を別のDVDにコピーするだけではなく、異なるメディア間でコピーができる。またBD→DVD、2層BD→1層DVD、複数枚のDVD→1枚のDVDなどのように、データを圧縮してコピーすることもできる。

このほか、タイトル/チャプター単位で範囲を指定し、コピーする機能も備えている。これを活用して、膨大な動画データから見どころだけをピックアップしたダイジェストDVDを作成できる。

さらに、無料のコピーソフトは、別途変換ソフトを用意しなければならないというわずらわしさがある。しかし「DVDFab3 BD&DVD コピープレミアム」なら、ファイル変換機能によって、DVD/BDのデータをiPhone/iPad/Android/Xbox360/PS3など、それぞれに最適な変換・圧縮ができる。

動画をコピーして、そのまま変換できる「DVDFab3 BD&DVD コピープレミアム」は、初心者だけではなく、すべてのユーザーにおすすめできるソフトだ。また「DVDFab3」シリーズは、ディスクコピー機能に絞った「DVDFab3 BD&DVD コピー」、ディスクコピーとスマートフォン/タブレットへの持ち出し機能を備えた「DVDFab3 iPhone/iPad/Android」もある。自分の持っている機器と、用途に合わせて選ぼう。

*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコンやデジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベースで、日本の店頭市場の約4割をカバーしています。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング