好きな人ができたけど、完全に片思い。日頃の彼の態度と行動から「ああ、“脈なし”だな……」と伝わってくる時って、せつないですよね。

そういう思いをする回数が多すぎる……という人は、もしかしたら、無意識のうちに口にした言葉がもとで、恋愛対象から外されやすい可能性も。

今回は、男性のプライドをざっくり傷つけて恋のチャンスをつぶしてしまう、危険ワードを取り上げます!

片思いを招く言葉の数々、うっかり使っていないかセルフチェックをどうぞ。

「知ってる!」「分かる!」

「それ、知ってる!」「分かる、○○でしょ!」

まだ彼が話し始めたばかりなのに、こういった言葉で迎え撃つのはNG。

「知ってる!」「分かる!」と頻繁に言う人は、彼が話すチャンスを端からつぶしているようなもの。

女性同士の会話なら、「あ、それ知ってる!」「○○だよね、分かる分かる~!」と、共通点が見つかった喜びで盛り上がることがあります。

でも、その感覚は、男性にはないものと考えたほうがいいでしょう。

話題にもよるけど、男性に「こっちは前から知ってるよ」という事実を告げたところで、喜ばれることってほぼほぼないです。

逆に「初めて知った」と言うと、女性からしたらなぜなのか理解しがたいほど、嬉しそうな彼ら。

男性の「知識を披露したい欲」は結構強力です。欲とは希望だと思います。彼が話したいというその希望をつぶしてしまわず、聞き役に回りましょう。

「ほら、言ったじゃん」「だから言ったでしょ」

「ほら、言ったじゃん」「だから言ったでしょ」のような言い方。前に話したことが当たったぞ~という主張が好印象に結びつくことって、滅多にありません。

「ほ~ら、オレが言った通りだろ」は、男性のほうが言いたくてたまらない、“手柄を立てた感”を味わえるセリフ。自分よりも先に女性が手柄を立てたとあっては、彼は面白くないのです。

その上、彼を責めているかのように響くことも少なくない、という点が問題です。

彼の脳に「オレのことを悪く言う女」としてインプットされてしまったら、この先、好感を持ってもらうのはかなり厳しい道のり。

「う~ん、手柄を主張しているわけでも彼を責めているわけでもなくて、私が先に言ったという事実を話しているだけなんだけど……」と思うかもしれませんが、こらえましょう。

自分の意図について説明しようとするあまり、彼のプライドを守ることを優先できないのが、恋愛下手な女性の特徴なのです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます