AOSテクノロジーズ、PC移行ソフト「ファイナルパソコン引越し11plus」、Windows 8.1に対応

2013.9.25 18:42配信

AOSテクノロジーズは、Windows 8.1に対応し、今まで使っていたPCのデータや設定を安全に引っ越すことができるソフト「ファイナルパソコン引越し11plus」を、10月3日に発売する。価格は、専用USBリンクケーブルつきが6980円、LANクロスケーブルつきが5980円。

データ移行は、PC同士の差分情報を読み取って必要なデータを自動で移行するので、個別にデータを選択する必要はない。新バージョンでは、引っ越しの精度がさらに向上している。指示に従って操作を進めていくだけでデータを移行でき、上書きしない設定ややり直し機能を備えているので、PC初心者でも安心して使用できる。

アプリケーションの移行にも対応し、必要なソフトだけを選んで移行できる。移行先の環境でうまく動作しない可能性のあるアプリケーションについては、あらかじめ移行しないよう設定する。最新版では、Microsoft Office 2013の移行にも対応した。

Officeファイルや動画、音楽、画像、デジタルカメラ写真、マイドキュメント以外の場所にあるデータ、年賀状ソフトの住所録、アルバムソフトの画像データなどの移行ができる。メールボックスやアドレス帳、ユーザーアカウントなどのメール関連データや、壁紙、デスクトップなどWindows環境、ブラウザのお気に入りやホームページ設定などのインターネット関連データの移行にも対応する。

対応OSは、Windows 8.1/8/7/Vista/XP(SP3以降)。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング