最近は、定番のお菓子に「大人向け」のものが続々と登場しています。パッケージが若干高級感があり、見るからに大人。そんな大人向けのスナック菓子を、ウレぴあ総研編集部の3人が食べ比べしてみました。

普通のスナック菓子とどう違うのか、そして、どれが美味しかったのか。大人3人が真剣に語り合いました。

 

キットカット ミニ 大人の甘さ 抹茶

 

通常のキットカットと違い、丸くてかわいいキットカット。大人らしく、量がやや少なめになっています。

食べてみると、サクサクとした触感はキットカットそのものですが、抹茶の味がとても深く、上品な印象。チョコを食べているというよりも、抹茶味のお菓子をいただいているという感じです。

だいたい、大人というものはあまりスナック菓子をたくさん食べませんよね。一口か二口つまむ程度で十分。このパッケージならば、ちょっとだけ食べたいという大人な食べ方にもぴったりです。

 

ポッキー 大人のミルク

 

パッケージには「濃厚ミルクをサクパリのパイ食感で」と書かれています。通常のポッキーに比べると、色が薄め。やはり濃厚ミルクの影響でしょうか。

食べてみると、食感が普通のポッキーよりも固め。プレッツェルの部分がパイ状になっているため、とても歯ごたえがあります。この辺りが大人を感じさせてくれます。

味は、濃厚ミルクのおかげか、とてもリッチ。大人のポッキーと聞いて「ビターな感じかな」と思っていたのですが、その予想とは少し違う方向性でした。これは子どもでも喜んで食べるのではないでしょうか。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます