“上質な睡眠”を妨げる、寝る前に絶対してはいけない9つのこと

2013.10.9 17:30

睡眠時間は足りているはずなのに「朝起きると体がだるい」「まだ眠い」と悩んでいる人も多いのでは。今回は、上質な睡眠の妨げる元となる、寝る前にやりがちな「NGなこと」を9つ紹介します。

寝ても寝ても疲れが取れない...。

睡眠時間は足りているはずなのに「朝起きると体がだるい」「まだ眠い」と悩んでいる人も多いはず。忙しい現代人にとっては、「睡眠時間」を長く取るより「睡眠の質」を上げることのほうが大事になってきます。

睡眠には「メラトニン」というホルモンが大きく関わっていることが分かっています。このメラトニンの分泌をうまく促すことができれば、短時間でも「上質な睡眠」を得ることできるというわけです。しかし、私たちが寝る前によくする「あること」が、メラトニンの分泌をストップさせ、熟睡を妨げる原因になっていたりします。

寝る前にしてはいけない「あること」とは一体何なのか? ここでは、上質な睡眠の妨げる元となる、寝る前にやりがちな「NGなこと」を9つ紹介します。朝起きても疲れが取れていないという人は、寝る前のある習慣が原因になっているのかも知れませんよ。

 

夜食を食べる

Photo Credit : Pixabay

就寝前に食事をすると、体が胃の消化活動に集中し始めます。そうなると、寝ていても体は睡眠モードではないため、結果的に寝つきが悪くなってしまいます。

そうならないためには、できれば就寝の3時間前までには食事を終えることが理想的。胃の消化が終えた後であれば、体は睡眠に集中できるため、より深く眠りに入ることができます。

 

 

運動をする

睡眠時の体は、体温が低くなります。しかし、就寝前に運動をすると体温がなかなか下がらないため、睡眠ホルモンの「メラトニン」が分泌がされず、寝つきが悪くなってしまいます。ウォーキングなどの有酸素運動は寝る2時間前に、筋トレのような無酸素運動は3時間以上前に済ませておくのがポイントです。

ただし、凝りを取る程度の適度なストレッチは体をリラックスさせるため就寝前でも効果的。息が上がらない程度に行なえば問題なし。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング