SHINee 左からミンホ、オンユ、テミン、キー

SHINeeにとって4年連続となるドーム公演『SHINee WORLD THE BEST 2018~FROM NOW ON~』が2月17、18日に京セラドーム大阪、26、27日に東京ドームにて開催された。

今回の公演は昨年の12月15日に、“日本活動の集大成となるベストライブ!”という形で発表され、初のベストライブということで注目を集めた。だが、そのわずか3日後の18日、ジョンヒョンがこの世を去った――その時は、そのわずか2ヵ月後にステージの上に立つSHINeeの姿はとても想像できなかった。しかし、言い尽くせない程のたくさんの想いを持って、SHINeeはこの日、ドームのステージへと上がった。ここでは可能な限りフラットに、東京ドーム最終日の模様を伝えたいと思う。

巨大なメインステージに配されたビジョンに静かな海に浮かぶ月の映像が現れる。そこから宇宙空間へと移動し、再び昇る太陽に照らされてオレンジ色に染まった海へ――そのオレンジ色の後ろから、『Colors of the season』を歌うメンバーの歌声だけがドームに響く。そして、そのままワンコーラスを歌いきるとビジョンが上がり、現れたメンバーの姿をスポットライトが照らした。メロディアスなナンバーを切々と歌うメンバーの歌声が、ドームの隅々まで埋め尽くした5万人の観客の心へと染み渡って行く。ゆっくりと、でも確実に前へ向かって行くような幕開けだ。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます