『娘が可愛すぎるんじゃ~! 』

子どもをほめられた時、つい「いえいえそんなこと」と謙遜していませんか?

ママ友同士、「うちの子、ここがダメで…」とできない部分を嘆いてはいませんか?

心当たりがある方は、ぜひ “溺愛系”育児コミックエッセイ『娘が可愛すぎるんじゃ~! 』を読んでみることをオススメします。我が子への溢れんばかりの愛情がこれでもかと炸裂していて、「もっと子どもへの愛をストレートに表現していいんだな」と思えるハズ。

今回は、著者・きくまきさんに、改めて娘LOVEエピソードや、ポジティブに子育てするコツを伺いました!

「うちの娘の可愛さを見て!」という気持ちで発信しています(笑)

『娘が可愛すぎるんじゃ~! 』

――娘さんへの愛情が爆発していて、気持ちのいいほどの“親バカ”ぶりに共感しながら笑わせてもらいました。

きくまきさん(以下、きくまき):親バカぶり、笑っていただけて嬉しいです。ありがとうございます!

――周囲の反応はいかがでしたか?

きくまき:Twitterでは、「娘ちゃん可愛いですね!」と娘を褒めていただけたり、私と同じように我が子が可愛い方が「そうそう、わかる~!」と共感してくださったり、様々な温かいコメントをいただけて幸せな気持ちになっています。

それから、大変なことも少しでも楽しく伝わるように心がけて描いているので、「笑った」という反応がとても嬉しいです。

「みなさーん!うちの娘の可愛さを見てくださ~い!」という気持ちで発信しているので、多くの方が見てくださっていて幸せです。

『娘が可愛すぎるんじゃ~! 』

――マンガを描こうと思ったきっかけはやはり、あとがきにあるように娘ちゃんの可愛さをとどめておこうというのが大きいでしょうか?

きくまき:そうですね、その時期の娘の可愛さをとどめて、改めて読み返せるのは大きいです。可愛いエピソードをどんなに覚えておこうと思っていても、日々がたつと忘れてしまいますもんね。

マンガに描こうと思ったきっかけは、絵を描いてる方はそうではないかと思うのですが、「大好き!」な存在がいたら、絵に描いて表現せずにはいられないんです。

自分の中にたまった「可愛すぎて辛抱たまらん! 胸が苦しい!」の気持ちを、絵やマンガに昇華することによって、息ができるというか。

それからネット上に発表したのは、私だけでなく周りの方も、娘の成長を一緒に見守って喜んでくれたら嬉しいなぁ、という気持ちがありました。

――ネタはすぐにメモっておいて、寝かしつけ後に描いているんですか?

きくまき:忘れないうちにメモを取ろうと心がけてはいますが、娘と遊んでいる最中だったりすると中断も難しく、なかなかメモは取れないです。そうして忘れてしまうことも多々です()

夜思い出せたら急いでメモしたりはしていますね。

イヤイヤにはとことん付き合いました

――旦那さまもきくまきさんに負けないくらい娘LOVEな様子がほほえましいです。

きくまき:「娘は60歳過ぎても可愛い」と言っています。

いつか誰かと結婚することを許してくれるだろうか、と今から心配です()

――「イヤイヤ期ですらカワイイ」という描写もありましたが、ポジティブで素晴らしいです。

きくまき:イヤイヤ言ってて可愛いな~と思える時もありますが、とはいえピーク時は結構しんどかったですよ。

2歳になる直前くらいに突然すさまじいイヤイヤが始まりまして、オムツ替えも着替えもイヤ、出かけるのもイヤ、出かけたら帰るのもイヤ、もちろんお風呂も歯みがきも寝るのもイヤ。スイッチが入ると、地べたに仰向けに転がり、叫ぶように泣いていました。

あまりの激しさに「えっ、イヤイヤ期ってそれなりに長いんだよね、これしばらく続くの…!?」と絶望しましたが、2~3週間くらいで徐々に落ち着きました。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます