東京ディズニーリゾート35周年 “Happiest Celebration!” ©Disney

東京ディズニーリゾート35周年 “Happiest Celebration!” 開催中の、2018年4月~6月の東京ディズニーリゾートの状況を、徹底解説。

東京ディズニーランドでは、35周年の新パレード「ドリーミング・アップ!」がスタートし、人気アトラクション「イッツ・ア・スモールワールド」がリニューアル。

ファッショナブル・イースター(2018年)|東京ディズニーシー スペシャルイベント「ディズニー・イースター」 ©Disney(撮影 / つるたま)

東京ディズニーシーではスペシャルイベント「ディズニー・イースター」が開催中です(2018年6月6日まで)。

また、2018年6月7日(木)からは、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーで、「ディズニー七夕デイズ」も始まります。

春から初夏は、気候もよく、GWを除けば空いていて、全力おすすめ!

春休み明け〜GWまでが狙い目!

東京ディズニーシー スペシャルイベント「ディズニー・イースター」(2018年) ©Disney(撮影 / つるたま)

入園制限の可能性もある、春休みシーズンが終わると、中高生・学生の姿が少なくなり、パークは一気にガラガラに。

いきなりですが、早ければ4月5日(木)、遅くとも4月9日(月)以降は、最大の狙い目シーズンの到来となります。

東京ディズニーランド新パレード「ドリーミング・アップ!」|東京ディズニーリゾート35周年 “Happiest Celebration!” ©Disney

2018年4月15日(日)からは、東京ディズニーリゾート35周年 “Happiest Celebration!” がスタートし、新パレード「ドリーミング・アップ!」や、「イッツ・ア・スモールワールド」のリニューアルなど、見どころは満載。

メディア露出も増えるので、土日を中心に、例年よりは混雑する傾向が予測できます。

ただし、平日の影響は限定的。

新年度が始まり、入学・進学、就職・転勤・転職などにともない、ライフスタイルが大きく変わるケースも多いため、35周年が始まったからと、いきなり「東京ディズニーリゾートへ」とは、なかなか気が向かない人が多いはずです。

ゴールデンウィークが始まる4月28日(土)前までは、賑わいの面でも、気候の面でも、快適で過ごしやすいパークになる可能性が高く、気ままに楽しみたいなら、「これ以上ない!」というくらいの、絶好の狙い目です。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます