誰だって、幸せになりたい!幸せになりたくない人なんていませんよね。

私は、銀座のクラブで働いているので、職場は女子ばかり。そんな仕事柄、様々なタイプの女性と出会ってきました。また、12年間女子校に通い、趣味は日本舞踊という、周囲は女性ばかりの環境で生きてきました。

幸せな人もそうでない人もいます。環境や境遇は全く違う彼女たちですが、私が出会った、幸せな女性には共通する特徴があります。

今回は、幸せになりたい女子が実践すべきこと3つをご紹介します。

 

他人の価値観に振り回されない

アラサーになって、周囲はどんどん結婚して、子どもを産んでいく。幸せそうだなぁ、とは思うけれど、自分に置き換えて想像すると「今は結婚や出産のタイミングではない」こんな風に感じている女性たちと話す機会があります。

それでも「結婚しなければいけない」「結婚したなら子どもを産むのが当たり前」なんて言われると「そうなのかなぁ」とちょっと揺らいでもいるようです。

揺らぐだけならまだマシで、結婚も出産も本当は興味がないのに、「当たり前」と言われている価値観に振り回されるのはツラいものです。他者の価値観であっても、本当は結婚も出産も選択肢にない人もいます。

他人のものではなく、自分の価値観で生きている人は、幸せ度が高いように見えます。
例えば「子どもはいらないの?」と聞かれた女性は「私、子どもにも結婚にも全く興味ないのよね。バリバリ仕事ができる今の生活がいいの」ときっぱり答えているのを見て、素敵だなと感じました。その女性からは、人生の充実感が漂っています。

自分の価値観を信じて進んでいる人は、人生の満足感が高いのです。
幸せは、他者でなく自分で決めるものですね。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます