「満員電車にサヨナラ」を!『時間と場所にとらわれない働き方』を実現するベストな方法

先日発売された本『満員電車にサヨナラする方法〜時間と場所にとらわれない新しい働き方』。作者・秋好陽介さんのトークショーを通して、「クラウドソーシングが仕事のスタイルを変えていく」という提言を読み解きます。

年が明け、新たな1年が始まりました。昨年は一部で「クラウドソーシング元年」などとも呼ばれた1年間でしたが、今年も「仕事」を取り巻く環境はさらに変化していくのではないかと感じます。

そんな中、年末年始の休暇で仕事について考える時間を持たれた方も多いのではないでしょうか。私も会社員だった頃、ちょうど年明けのタイミングで転職した経験があります。

「クラウドソーシング」という言葉は、恐らく多くの方がご存知でしょう。簡単に言えば、不特定多数のワーカーに対して業務を依頼できる仕組み。特にWEBサービスとして、近年急速に広まっています。

WEBサイト上で仕事の受発注を行うことのできる、クラウドソーシングサイト。ベンチャー企業のみならず人材業界やインターネット業界における“大手企業”もサービスに参入し、また、その内容も多様化してきています。

クラウドソーシングサイトの草分け的存在とも言えるのが『ランサーズ』。同サービスを運営するランサーズ株式会社が設立されたのは2008年4月のこと。それから5年半余りで20万人以上の登録ワーカー、そして5万社以上のクライアント企業を持つサービスへと成長しました。

 

そんな同社で代表を務める秋好陽介氏が、2013年12月21日に本を出版しました。『満員電車にサヨナラする方法〜時間と場所にとらわれない新しい働き方』というタイトルは、仕事や将来に悩む人々を惹きつけることでしょう。

私も実際に読んでみましたが、本著では「働くこと」を俯瞰的に捉えながら、クラウドソーシング、あるいはランサーズがどのようにアプローチ出来るのかなど、データ等も用いながら分かりやすく書かれています。

その出版に先立ち、出版記念イベントが行われました。イベントで伺ったお話、そして実際に本を読んで感じたことなどを、ご紹介したいと思います。
 

 

イベント会場は『書店』

イベントが行われたのは2013年12月17日。会場は、東京駅からほど近くにある八重洲ブックセンター。エレベーターで8階に上ると、100名程を収容できそうなギャラリーがありました。出版前に先行販売も行われるということで、多くの方々が会場に訪れていました。

ギャラリー内は広々としており、キレイで余裕があります。設置されたイスの上にはパンフレットが置かれており、私が会場に入った時点で、すでに何名もの来場者が待っていました。

書店で本のイベントとは、なかなか良いですね。少なくとも本の出版イベントに来る方は多くが「本を読む人」ですから、イベントの前後でついでに本を探すこともできます。私も少し早く着いたので、会場へ入る前に趣味のスポーツ雑誌を購入させて頂きました。

時間になると、いよいよ秋好氏の登場!さらに今回は、「ワーク・デザイン これからの<働き方の設計図」>」著者で経営コンサルタントの長沼博之氏もゲストとして登壇されました。司会には、数多くのイベント企画・プロデュースを手がけるテリー植田氏。この時点で、イベントへの期待が一気にふくらみます。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング