ビールの香りが漂っていた? 京浜急行“幻の駅”「キリン駅」の歴史を追った

昭和20年ごろ、京浜急行の生麦~京急新子安間に「キリン駅」(当初は「キリンビール前」)という駅が存在した!? 幻の駅の歴史について、横浜のマニアックな情報をお届けしている「はまれぽ」が調査しました!

今も駅が残っていれば、こんな感じ?(イメージ)

ユーザーから投稿された「キニナル」情報を検証すべくはまれぽが体を張って調査!

今回のテーマは…

<横浜のココがキニナル!>
昭和20年ごろ、京浜急行の生麦~京急新子安間に開業した当初は「キリンビール前」という駅名から改名した「キリン」という駅があったが駅名を改めてから数年足らずで廃止。真相を教えて(ねこぼくさんのキニナル)

 

幻の駅ふたたび

社史「京浜急行百年史」、京急の前身の社史「京浜電気鉄道沿革史」と「京浜遊覧案内」 拡大画像表示

かつて京浜急行の「生麦駅」と「京急新子安駅」の間に「キリンビール前駅」があり、「キリン駅」に改名して数年足らずで廃止となったらしい。

現在の生麦~京急新子安間は、走行時間約2分だ。その間にもう1駅存在した?

さっそく京浜急行電鉄株式会社の社史である「京浜急行百年史」をひもといてみると、以下の記述を発見。

1932(昭和7)年7月25日に「キリンビール前」として開業。1944(昭和19)年10月20日に「キリン」と改称。戦時中に営業を休止。1949(昭和24)年6月30日付で廃止。

 
キリンビール前駅の位置関係(Googleマップより)
拡大画像表示

年表上は17年間存在したことになるが、「戦時中に営業を休止」というあいまいな表現がキニナル。

終戦を迎えるのは1945(昭和20)8月15日だから、「キリン駅」と改称してから1年たらずで駅は休止し、戦後も営業再開しないまま廃止に至ったということになる。だとすれば、営業は実質13年弱だ。

なお、「キリン駅」と改称されたのは、戦時下において「ビール」は贅沢品であり、呼称への使用を控えたためである。

生麦と京急とキリンの関係を歴史から眺める

明治時代から、山手天沼(現在の中区千代崎、諏訪町付近)にあった麒麟麦酒(キリンビール)のビール製造工場は、1923(大正12)年の関東大震災で倒壊。生麦の埋立地に移転したという経緯がある。

1926(大正15)年6月に発行された京浜電鉄ニュースより(横浜中央図書館所蔵)
拡大画像表示
生麦周辺の拡大
拡大画像表示
 

今でこそ埋立地帯で、キリンビール工場のイメージがある生麦周辺だが、京浜電気鉄道(京浜急行電鉄の前身)が生麦駅を開業した1900(明治33)年当時は、生麦海岸が広がる風光明媚な地だった。
 

『京浜遊覧案内/遅塚麗水編』(横浜中央図書館所蔵)
拡大画像表示

1910(明治43)年に京浜電気鉄道が発行した「京浜遊覧案内」は当時、自然主義派の作品『蒲団』などで知られる田山花袋(かたい)と並び称せられていた紀行文家、遅塚麗水(ちづかれいすい)の書いたもの。

沿線の観光案内であると同時に京浜地帯への移住も勧誘する、いわばガイドブックの『るるぶ』とライフスタイルマガジン『湘南スタイル』を合わせたような紀行文である。

生麦停留所の項は「扶疎(ふそ)の松並木と参差(しんし)の漁荘とは、在りし昔の海道の姿をここに留めたり……(訳:松並木の茂るさまと趣ある漁師宿が点在する様子が、昔ながらの海辺の暮らしをしのばせる)」と格調高く書き起こされる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング