株式会社オリエンタルランド宮内良一 執行役員 ©Disney 撮影/YOSHI

東京ディズニーリゾート拡張計画について「第3パークではない」「ディズニースカイは検討していない」という公式見解が示されました。

第3パークはない

東京ディズニーリゾート35周年オープニングセレモニーが行われた2018年4月15日(日)、株式会社オリエンタルランド執行役員の宮内良一さんが、拡張計画に関する報道陣の取材に応えました。

現在パークを拡張するということで検討中で、決定次第発表するとのこと。

新しい第3のパークを作るということか? という質問に対しては

「そういうことではなく、既存の東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの2つのパークのうちどちらかを拡張するということで検討を進めている」と明言。

2パーク両方の拡張なのかについては現在検討を進めているそうです。

『アナと雪の女王』のエリアが作られるのか? という質問に対しては、

「まだはっきりと決まっていない」と発言しました。

「ディズニースカイは考えていない」

一部報道で「ディズニースカイ」が建設されると言われていることについては、

「『空』をテーマにしたということでは考えていない」と全面的に否定しました。

 

東京ディズニーランドでは2020年春にファンタジーランドを拡張し、『美女と野獣』エリアなどがオープン予定。

その後の開発計画については決定次第発表されます。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます