Jin-Machine 撮影・千佳

4月15日、神奈川・CLUB CITTA’ 川崎にて、”自称・日本一面白いヴィジュアル系バンド”Jin-Machineの「2018 tour『今日から一歩』」ツアーファイナルミサ(※Jin-Machineのライブはミサと呼びます)が開催された。

昨年、腕が良くて天然ボケのレジデンス涼羽-178(ていおん!/B)が加入し、新体制となった彼らの”今日から”を”一歩一歩”重ねていった18都市19公演のツアー。

このツアータイトルは決して有名マンガのタイトルを適当につけただけのモノではないはず……! 晴れ舞台といえるCLUBCITTA’川崎で一体どんな一歩を見せてくれるのか?

Jin-Machine・featuring16(MC/Vo) 撮影・千佳

ステージ上のスクリーンに「歩み始めた5つの星――」という文字が映し出され、このツアーの全会場での集合写真が映し出され、「旅の終焉、終わりではなく始まり――」と締められる。

そしてカウントダウンののちに開演のブザー音が響きわたり、メンバーがそれぞれにポーズを決めつつ登場。

Jin-Machine・あっつtheデストロイ(破壊/Vo) 撮影・千佳

『maria.』でライブはスタート。『hell metabolic death my life』、『suffer』など、序盤から激しめの曲を連発し、featuring16(MC/Vo)が「気合い見せてくれ!」と呼びかけ『救声』へ。曲間ではあっつtheデストロイ(破壊/Vo)がデスヴォイスで煽りまくる。

『モンスターペアレンツ』、『NEVER SAY NEVER』まで、とにかくアッパーチューンで攻めたおすセットリストに応える平民(※Jin-Machineのファンの総称です)たち。

Jin-Machine・マジョリカ・マジョルカ・マジカルひもり(ギタ―――(゚∀゚)―――!!/G)) 撮影・千佳

レジデンス涼羽-178とルーベラ・木村・カエレ(ドラミ/Dr)によるセッションタイムから、マジョリカ・マジョルカ・マジカルひもり(ギタ―――(゚∀゚)―――!!/G)が「お客さんと俺の一体感を高める(略して”高チャレ”)」と称して、ヒューマンビートボックスにチャレンジし、最終的に『スタンド・バイ・ミー』を熱唱する。

デス演歌界の重鎮”デス山田ひろし”と、"新人(あら ひとし)" 撮影・千佳

ミラーボールが輝く中、タキシードを纏ったfeaturing16とあっつがステージに現れ、ド演歌からデスメタルへ変わる落差が面白い『death海峡のdeath岬』をデュエットする(なお、あっつは”デス山田ひろし”、featuring16はマネージャーの”新人 ※読み方はあら ひとし”と名乗っており、このツアーを経てデス山田に認められ、デュエットさせてもらえるようになったとのこと)。

そしてfeaturing16がギターを抱え、ひもりとツインボーカルで歌う『夢の中へ』でしっとりとした雰囲気に。続けてジャジーな『BLUE MOUNTAIN』の最中にあっつがリコーダーソロ、そしてfeaturing16がトランペットソロを……、例によってスッカスカの音で場を台無しにし、そそくさと舞台袖に引っ込む一幕も。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます