妊娠中、出産後、育児に忙殺される時期……「夫婦が家族になる」ライフイベントがあるのに伴い、互いに対しての恋愛感情がなくなる、とはよく聞く話。でも、ホントのところはどうなのでしょうか。

『ハピママ』で400人の既婚者にアンケートをとったところ、「現在も恋愛感情は残っている」人は42.6%。「恋愛感情は残っていない」人(「結婚直後になくなった」「妊娠中になくなった」「子どもが産まれた後になくなった」を合計)は67.4%という結果となりました。

同じく『ハピママ』で144人の既婚者にとった「パートナーと同じベッドで寝ていますか?」とのアンケートでは、「はい」は63.4%、「いいえ」は36.6%となっています。

「はい」の中には「夜一緒に寝ることでイチャイチャできるし、夫婦の貴重な時間だから」「大好きだから一緒に寝たい」「喧嘩しても仲直りしやすいから」といったラブラブな理由もありますが、「部屋が狭くて別に寝るという選択肢がない。子どものためにも3人で寝たいと考えている」といった現実的な意見も。とはいえ、思いのほか、恋愛感情が残っている人は多め!?

それぞれの理由を寄せられたコメントと共に見て、考えてみましょう。

現在も恋愛感情は残っている

まずは「現在も恋愛感情は残っている」と答えた方から。

「知り合って10年、お付き合いして3年、結婚して4年。子どもが2人いても子どもたちの前でもラブラブです。大好きです」

「結婚してもうすぐ8年、子どもが2人、さらに3人目を作ってる最中ですが、交際時と変わらず主人を愛してます! 主人が私よりも子育てを積極的にするので、主人の愛が子どもたちだけに向かないように、女磨きを日々するのが楽しいんですけどね(笑)」

「結婚して丸8年ですが、ずっと好きです(笑)。子どもが祖父母の家にお泊まりに行くと必ず2人でデートします。子どもがいても手をつないだりしますよ! 家族というより、ずっと大好きな相手です」

「毎日、キスやハグをしたいと思うし、自分から口に出しています。上の子が15歳、今2人目を妊娠中です」

どれだけ時間を重ねても付き合い始めたカップルのように、アツい気持ちを持っている夫婦もいらっしゃるんですね。夫婦というよりも恋人感が漂う回答も多く寄せられました。

今でも好きな理由って?

一方、「子どもが生まれたあとに、バタバタしてそんな気持ちはなくなりました。でも、今子どもが2人とも小学生になり、また恋愛感情が復活しています」のように、一時期は恋愛感情が消えたものの、甦ったという素敵な声も!

なぜ、ときめく感情が残るのでしょうか。あふれる恋愛感情を綴るコメントは多くても、恋愛感情が残っている理由を具体的に述べたコメントは、以下のように少数でした。

「家事を手伝ってくれるし、誕生日や記念日にプレゼントをくれるから」

「産後でも優しくて、いつも温かい人柄だから」

ただ、「恋愛感情がなくなった」方たちの声を見ると、恋愛感情が残る・残らないの違いを探れるような気がします。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます