「春眠暁を覚えず」の季節。この時期、朝起きるのがつらい、という人も少なくないだろう。しかも春は新生活が始まるシーズンでもある。寝坊するわけにはいかない!

そこで目覚ましアプリの出番だ。種類も数も豊富な目覚ましアプリだが、ここではAndroidスマホ向けの5種類をピックアップ。実際に使って試してみた。詳細な設定ができるもの、大きな音が出せるもの、アラームを止めるためにアクションが必要なものなど、ユニークなアプリが勢ぞろい。

アプリをうまく活用して、遅刻知らずの新年度をスタートさせよう!

 

音声認識にも対応の高機能アプリ 「アラーム時計ミレニアム」

アラーム時計ミレニアム
Millenium Apps
価格:0円

 
 

多機能さで人気の目覚ましアプリ。繰り返しやスヌーズの間隔設定といった基本的な機能はもちろん、徐々にボリュームを上げたり、アラーム中の画面の明るさを設定するといったことも可能。バイブの強さも自由自在だ。各種設定はプロファイルとして保存しておける。

アラームを止めるストップモードも豊富だ。単純なボタンのタップのほか、暗算、パズル、色を並べるビジュアルテストなどを用意。クリアしないとアラームが止まらないという仕組みで、操作しているうちに目が覚める。

音声認識に対応しているのも特徴の1つ。時間を口にすることで、アラームの時間設定が可能となる。

【実際の目覚め心地はいかに?】
ストップモードは「暗算」を選択。アラーム音を徐々に大きくする設定にしていたので、気持ちよく目覚めることができます。だが起き抜けの暗算は結構つらい。大きくなるアラームを気にしながらの暗算はかなり焦ります。気がついたら、すっかり目が覚めてました。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます