売れっ子漫画家の黒歴史!? 電子書籍で読める不遇の「打ち切りマンガ」4選

2014.2.16 10:30

漫画家にとって最大の屈辱、それは連載の打ち切りだ。今でこそ脚光を浴びている人気漫画家であっても、過去に意外な理由で連載の打ち切りを経験している作家は少なくない。今回は、そんな不遇の打ち切り作品の中から、電子書籍で読める隠れた名作を紹介していこう。

漫画家にとって最大の屈辱、それは連載の打ち切りだ。今でこそ脚光を浴びている人気漫画家であっても、過去に意外な理由で連載の打ち切りを経験している作家は少なくない。

ここでは、そんな不遇の打ち切り作品の中から、電子書籍で読める隠れた名作を紹介していこう。

 

打ち切り理由が笑えない……。『トリコ』の作者が描く爆笑必至のバトルギャグ漫画

<『世紀末リーダー伝たけし!』作品のあらすじ>
“リーダー的存在” である小学1年生「たけし」を主人公とするバトルギャグ漫画。

1997年より「週刊少年ジャンプ」で連載され、下ネタ満載のくだらないギャグと劇画タッチで描かれるシリアスなバトルシーンが当時の小中学生から人気を集めた。


●「美食」が世界的な流行となっている「グルメ時代」を舞台に、「美食屋」の主人公が未知の食材を求めて冒険する漫画『トリコ』。「週刊少年ジャンプ」で連載され、現在テレビアニメも放送中の言わずと知れた人気作品だ。

そんな大ヒット漫画を手掛ける作者の島袋光年氏には、前代未聞の理由で連載を打ち切られた過去がある。その作品が、島袋氏のデビュー作にして、2001年小学館漫画賞児童部門にも輝いたバトルギャグ漫画『世紀末リーダー伝たけし!』だ。

“リーダー的存在” である小学1年生「たけし」を主人公とするこの作品は、作者の天才的なギャグセンスと王道バトル漫画のエッセンスが人気を博し、当時の小中学生から絶大な支持を集めた。

ところが連載が最終章に差し掛かった2002年8月、たけしを愛してやまない子どもたちの耳に衝撃的なニュースが飛び込んでくる。なんと、作者・島袋光年氏が児童買春容疑で逮捕されたのだ。

逮捕後、『世紀末リーダー伝たけし!』は未完のまま連載打ち切りが決定。連載を楽しみにしていた子どもたちの多くが肩を落としたのは言うまでもない。

それほど衝撃的な打ち切り劇を演じた『世紀末リーダー伝たけし!』ではあるが、実は作者の復帰後に「スーパージャンプ」で連載が再開され、無事に完結している。

打ち切り当時には「島袋の野郎、わが家の食卓に気まずい風を吹かせやがって……」と失望していた筆者も、完結編が出るとすぐに本屋へ直行。夢中になって読破してしまった。

下ネタ満載のくだらないギャグと劇画タッチで描かれるシリアスなバトルシーンは、大人になった今読んでも、やはり引き込まれる。「たけし」「トリコ」と大ヒット作を連発し、名実ともに完全復活を果たした島袋氏の漫画家としての才能の高さは疑うべくもない。

そんないわく付きの名作『世紀末リーダー伝たけし!』は、現在「ジャンプBOOKストア」にて無料で立ち読みができる。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます

いま人気の動画はこちら!

     

人気記事ランキング

「Character JAPAN」Twitter


dummy 新ライター&カメラマン募集中!

<<<< 詳しくはコチラ >>>>

ソーシャルアカウント