2018年2月9日~11日にかけて、香港の商業施設、香港コンベンション・アンド・エキシビション・センターにてオタクイベント『C3AFA HK 2018』(以下C3AFA)が開催されました。多くのコスプレイヤーが集結した『C3AFA』の様子を写真とともに紹介していきます。

『C3AFA』は、タイやシンガポール、インドネシアの3ヶ国にて開催されていたアニメコンベンションイベント『Anime Festival Asia』(AFA)と、キャラクター・カルチャー・コンテンツのイベントとして香港で開催されていたオタクイベント『C3』が統合され、2017年よりスタートしたアジア最大規模のクールジャパンイベント。

2017年度はタイから始まり、インドネシア、日本、シンガポールと開催されました。香港は2017年度でラストのイベントになります。

元々『C3』が開催されるタイミングなので、香港のオタクには認知されていて、土日を中心に大盛況。また東南アジアと違い、『C3』がベースになっているためか、イベント自体はフィギュアや模型の展示や物販が中心となっていました。

フィギュアなどで有名なメガハウスのブースでは、アニメ『 新世紀GPXサイバーフォーミュラ』に登場するマシン・アスラーダの実物大模型を展示。また映画『パシフィック・リム』の像の展示や、KADOKAWA作家のサイン入りイラスト色紙展示など、オタク心をくすぐるような様々な展示がなされていました。

物販では、イベントスタートと同時に参加者がダッシュで並ぶ光景が見られました。KADOKAWAやグッドスマイルカンパニーなどでは終始大行列ができており、香港での人気の高さを感じることができます。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます