ボディケアブランドのDoveがあるCMを製作し、女性を中心に話題になっている。そのある内容とは、ある医師が開発した“ビューティー・パッチ”を一般の女性たちに2週間貼ることで、どのような変化が生まれるのかを実験したというもの。

実際にそのビューティー・パッチを使用した多くの女性が、自分の外見に対してポジティブな変化を体感しており、そのパッチの驚くべき効果に注目が集まっている。

 

ボディーイメージ・スペシャリストが作ったパッチ

この「RB-Xパッチ」を製作したのは、心理学者でボディーイメージ・スペシャリストのアン・ケーニークック医師。このパッチを使用することで、女性たちの美しさをより引き出せるという革命的な商品だ。

被験者の女性達は2週間このパッチを貼り、ビデオでその生活を撮影しながら普段通りの生活をするよう言われる。そして2週間後、パッチを貼った被験者から「2週間前よりも自分のことを美しいと思える」というような、自分のことをよりポジティブに捉えられる結果が出たのである。

 

コンプレックスだらけの女性たち

このキャンペーンに選ばれた被験者たちは、一般から公募された自分の体にコンプレックスを抱いている20~40代の女性。どの被験者も自分の体に対してネガティブな気持ちを抱いていて、自分に自信を持てないのが印象的だ。

一見するとどの女性も美しく見えるのだが、彼女たちの中には涙ながらにケーニークック医師に自分のコンプレックスを語る女性もおり、一般の女性たちがいかに自分の体を愛せていないのかという事実はとてもショッキングだ。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます