【パク・ギウン】入隊前最後の日本ファンイベント開催! しばしの別れ「悲しまないで」

俳優のパク・ギウンが、5月8日の入隊(予定)を前に日本でファンミーティング開催。入隊前最後となる貴重なイベントの模様をレポートでお届け!

パク・ギウン ©MENTOR Co.,Ltd. 
拡大画像表示

ドラマ『フルハウスTAKE2』や映画『隠密に偉大に』などで、実力派の若手として注目されている韓国の俳優、パク・ギウンが4月29日、日本教育会館一ツ橋ホールで5月8日の入隊を前に、日本でファンイベント「パク・ギウンのうちくる?! ~Welcome◆ My Home!!~」(◆=ハートマーク)を開催した。 

 今回は、タイトルの通り、彼の自宅でイベントが進行するという趣向。ソファやテープル、ハンガーラックなどが並ぶ室内風のセットに、英語曲『Creep』を歌いながらパク・ギウンが登場すると、ファンから歓声と拍手が沸き起こった。

そんなファンを見て、うれしそうに手を振るパク・ギウン。歌い終わると、“TOMOくん”こと藤原倫己がMC役として登場し、またまたファンから大きな拍手が送られた。

 
©MENTOR Co.,Ltd. 
拡大画像表示
©MENTOR Co.,Ltd. 
拡大画像表示

すでに藤原とは何度もイベントで顔を合わせているだけに、パク・ギウンもリラックスした様子。早速、室内に置かれたグッズをチェックする藤原に、パク・ギウンが思い出を語り出す。

ハンガーラックにかかったチェック柄のノースリーブシャツを手に取ったパク・ギウンは「日本で映画を撮った時に買った思い出の品です。当時はお金が無かったので、原宿の500円ショップで買いました(笑)。実は、映画『ケンカの技術』には、これを着て出ています」と、シャツにまつわる裏話を明かした。     

「韓流ぴあ」更新情報が受け取れます

人気記事ランキング

スペシャル動画

ソーシャルアカウント