【テラスハウス】『あいのり』との大きな違い! “カップル成立数”が極端に少ないワケ

いま話題の恋愛バラエティ番組「テラスハウス」。男女共同で日々を過ごすという、かつての人気番組「あいのり」とよく似たコンセプトです。今回は、「あいのり」に比べて「テラスハウス」のカップル成立数が極端に少ない理由について考察します。

「テラスハウス」公式サイトより

テラスハウスはかつての人気恋愛バラエティ番組「あいのり」を彷彿とさせます。「あいのり」は“ラブワゴン”というピンクのワゴン車に男女が乗り込み、世界各地をめぐる中で生まれる、さまざまな恋愛模様を描いた番組でした。男女共同で日々を過ごす──「テラスハウス」によく似たコンセプトだったように思います。

さて、「テラスハウス」の定員は男女3人ずつの計6人。対して「あいのり」のラブワゴン定員は男4人の女3人でした。「あいのり」のほうが男が一人多かったのです。なぜ男が多いの?と疑問に思ってしまいますよね。これが今回のポイントです。

いわゆる、「男が多い」ということは(かつて男2女1の)ドリカム現象です。ドリカムに限らず、ミュージックグループは不思議なことに男のほうが多くなっているらしいのです。
(参考:「私が、答えます」竹内久美子著より「ドリカム型トリオの謎」)

たとえば、いきものがかり、AAA、サカナクション、SEKAI NO OWARIなどなど、全部、男のメンバーが多くなっています。それは本人たちがグループを結成したときに意識してそうしたのではなく、「気づいたら自然にそうなってしまっていた」のでしょう。

「あいのり」の企画者は意識的だったのかわかりませんが、これは動物行動学的にも正しかった、というわけ。

「テラスハウス」でほとんどカップルが成立しない(宮城大樹&今井華の一組だけ)大きな理由のひとつには、男女同数だからというのがあるかもしれません。

それと「密室効果」が利かない、下界に出てしまうので、ほかに刺激がある。同棲と同じで生活をしてしまうので、どうしても生活感が出てしまう。家に帰ればいるので、わざわざ交際を申し込まなくてもいい気分になる……モデルや選手など肩書のある人では、一歩ハウスから出れば恋のチャンスは多いですし「ここで見つけないと!」と必死にはならないのでしょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント