ネットやテレビでよく見かける、市販のお菓子を使ったアレンジレシピ。うまい棒をパスタに絡めて「なんちゃって明太子パスタ」にしてみたり、プリンをパンにくるんで「なんちゃってクリームパン」にしてみたりと、そのアレンジ精神(あるいはチャレンジ精神)には目を見張るものがあります。

しかし、これらのアレンジレシピは本当においしいのでしょうか? 普段食べているお菓子たちが姿を変えるという面白さに気を取られて、きちんと味の評価をした記事をなかなか見かけることがありません。そもそも、本来完成されたかたちであるはずの市販のお菓子を、粉々にまでして食べる価値があるのでしょうか?

そこでこの記事では、世にはびこる「お菓子を使ったアレンジレシピ」を実際に調理し、その味と存在意義を調査してみたいと思います。公正を期すため、作った料理は一般の試食モニター3名の方にも食べてもらいました。感想と合わせて5段階で味の評価をしてもらったので、その結果にも要注目です!

 

うまい棒で作る「なんちゃって明太子パスタ」

まず始めに調理したのは、うまい棒で作る「なんちゃって明太子パスタ」です。材料と手順は以下の通りで、基本的にうまい棒を砕いてパスタと絡めるだけなので、とても簡単に作れます。

【なんちゃって明太子パスタの材料(1人前)】
・うまい棒 明太子味……2本
・ パスタ……100g
・ 刻み海苔……少々
・ マヨネーズ……少々

【なんちゃって明太子パスタの調理手順】
1、たっぷりのお湯でパスタを茹でる。
2、ボウルにうまい棒を2袋空け、粉末状になるまですりつぶす。
3、ゆで上がったパスタのお湯を切り、粉末状になったうまい棒を絡める。
4、マヨネーズをふた回し程度入れ、よく混ぜて皿に盛り付ける。仕上げに刻み海苔をまぶして完成。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます