【LINE】相手は迷惑している!? 要注意な「LINE暴走族」7パターン

コミュニケーションアプリ「LINE」はとても気楽にやり取りができますが、中にはライトすぎるやり取りで結果意味不明になってしまったり、意味深な内容になってしまっている人もいます。今回は、LINEでのやり取りがちょっと“ハテナ”な「LINE暴走族」についてお話しします。

メールが衰退してLINEが流行したのは、スマホのメールアプリの使い勝手が悪いことと、タイトルがいらない気楽なツールだからと言われています。

メールメインの時代には「メールはタイトルで決まる」と言われていたので、“こんなメールタイトルはNG”などの、件名の悩みに対するハウツーもありましたね。本当にタイトルに悩んだものですが、LINEではそれがありません。

それはそれでとても気楽なのですが、ある弊害が起きるようになりました。しょっぱなから悩まないのでライトすぎるやりとりをするようになり、結果意味不明になったり意味深すぎになったり……。

考えるプロセスが一つ減ったので深く内容を考えなくなったのが理由です。以前は「考える時間がある=ワンクッション置く」
なので冷静になる時間があったのですが。

・リアルでいるときは普通なのに、LINEではハテナ? の人
・LINEではキャラが悪いほうに変わってしまう人
・LINEというツールを得た瞬間に変わった人、
・LINEだけおかしい人

このような人を、ここでは「LINE暴走族」と呼びたいと思います。

 

恋の暴走族 

「まっすぐな気持ちは相手を動かす」と信じてやまない素質の人。お互いの電話帳に登録されているのだから、もう気の置けないオトモダチと思い込む。なのでタメ口になったりなれなれしくなる。「おはよー! 今日の一枚プリーズ」と言いにくいことを平気で。
「は? なぜあんたに? 」と思われてしまっていることがわからない。

お友達になれるかな……? の関係性を計ったりする上記のプロセスがないので勘違いしやすい。
いつもは抑えられていたけれど、グイグイ行く族に変貌。返信が一回くらいなくても気にしない。
「いま何してる?」と質問形式で送り、距離を詰めないと! 仲良くならないと!」 と特攻していくところはまさに暴走族。

 

スピードがすべて族

早ければ早いことがいいと思っている人、すぐ返事をするのがいいと思っている人。

自分も速攻、相手にも速攻を要求してしまう。短文でも「打つ」ことが重要、としている。
みな都合というものがあるということを理解させましょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

超簡単♪ モテ声&小顔・デカ目美容術

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント