絵本専門店で聞いた! 「子どもに読ませるには怖すぎる絵本」4選

子どもの頃に何度も読んだ、お気に入りの絵本があるという人は多いのではないでしょうか。しかしそんな子ども向け絵本の中には「読ませたらトラウマになってしまうのでは?」と心配になってしまう作品もあるんです。そこで今回は、絵本を知り尽くした書店員さんに「怖すぎる絵本」をセレクションしてもらい、実際に読んでみました。

巷でひそかに物議を醸している「怖すぎる絵本」の存在をご存じでしょうか? 「絵本=子どもに読ませるもの」という常識を根底から覆すような心の闇を描いたお話から、大人が読んでもゾッとするような怖い作品まで、その種類は非常に豊富です。

今回は児童書専門店の「クレヨンハウス」と「ブックハウス神保町」の店員さんにおすすめしてもらった、珠玉の「怖い絵本」を紹介していきます。

 

「長い人生、叶わない夢もあるよ?」と子どもに悟らせる異色作

絵本専門店「クレヨンハウス」の店員さんがおすすめしてくれた一冊目の絵本は、西村書店から出版されている『あやつり人形ピッパ』。

「この本は絵も怖いですけれど、私は最後の一文にゾワっとさせられるんです……」と言う店員さん。さっそく勧められるがままに読んでみました。

物語は【自我を持ったあやつり人形「ピッパ」が子ども部屋から飛び出して外の世界を冒険する】という『ト○ストーリー』的なよくある展開。しかし、ピッパの物憂げな表情や、悪人として登場する詐欺師の2人組の表情は、確かに子どもには怖すぎる気が……(笑)。

そして絵本の最後の一文には《……夢は夢。夢はかなうこともあればかなわないこともあるのですからね》と記されていました。

どのような展開でこの結びになっているのかは、ネタバレになってしまうので言えませんが、これは大人の自分が読んでも心にズシンと響くひと言です(笑)。無限の可能性を秘めた純粋な子どもたちに向かって「夢はかなわないかも」なんて夢もへったくれもないことを教えてしまったら、みんな目が点になってしまいますよね……。

この絵本を読んだ後、呆然とした私は「この作品はもしかすると子どもではなく、夢破れた大人に向けられたものなのかも……!」と勝手な深読みまでしてしまいました(笑)。

ちなみにこの絵本を描いたユーリア・グコーヴァさんは、ルイス・キャロルの名作『不思議の国のアリス』のさし絵も描かれています。誰もが知っているアリスの物語も、ユーリアさんのシュールな絵と合わせて読むとまったく違ったお話に感じられるので、興味のある方はぜひ読んでみてください。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング